起業一覧

実店舗不要で独立起業できる仕事

独立起業するにあたり、初期投資はリスクになります。特に、借金をしての初期投資は、破産の原因ともなりますので注意が必要です。実店舗を持たなければできない仕事は、初期投資が不可欠です。店を借りて、内装工事をするだけでも、すぐに数百万円かかってしまいます。そこで実店舗不要で独立起業できる仕事についてまとめてみました。

独立起業が失敗する3つの原因

夢をかなえたい。好きなことで食べていきたい。誰にも束縛されずに自由に働きたい。このような理由で独立起業しようとする人がたくさんいます。しかし、誰もがうまくいくわけではありません。独立起業に失敗する代表的な3つの原因について説明します。

シニア起業家 vs 若い起業家

中小企業白書2014によると、60歳以上の起業家は1979年以降ほぼ一直線に増加しています。2012年には32.4%となり、50歳以上の14.3%と合わせれば半数近くになります。しかし、50歳以上のシニア起業家と若い起業家には大きな違いがあります。

誰でも一度は必要な「自分の棚卸」

自分が何に向いているかを考えるとき、自分の棚卸をします。学生が、どのような仕事につくか、どの会社に勤めるかを決めるときにも有効です。自分でビジネスを始めて起業しようというときには、他社と差別化するために、自分の強みを見つけることが大切です。

「引退後は趣味」では虚しくなります

定年後は○○を趣味として、悠々自適の暮らしをすると言う人がいます。定年後と言わず、若いときに稼いで早期退職を目指すという人もいます。しかし、そこには落とし穴があります。○○がどんなに好きだったとしても飽きてきます。やっていてむなしくなります。特に、ひとりで行う趣味では顕著です。