アメブロでブログを書いている人はすぐにやめるべし – アメブロの常識外の利用規約

著作権

アメブロでブログを書いている人はすぐにやめたほうがいいです。アメブロには常識外の利用規約があります。アメブロに投稿した情報は、すべてアメブロの運営会社であるサイバーエージェントが宣伝のために利用できるとなっています。

利用規約を隅から隅まで読む人はめったにいないと思います。一般の人を相手に行うサービスですから、常識的な内容になっているだろうと普通は考えます。それを逆手に取っているともいえます。

利用規約は非常にわかりにくいところに書いてあります。

アメブロの「マイページ」の左のカラムの一番下に「ヘルプ」があります。そこをクリックすると「Amebaヘルプ」が表示されます。右側の上から3番目の枠が「利用規約」で、その中の1番上に「Ameba利用規約」があります。その「第12条(知的財産権等)」の第2項です。

2. 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
引用元:Amebaヘルプ|Ameba利用規約 第12条(知的財産権等)

これは、実質的に著作財産権をすべてサイバーエージェントに譲り渡すということです。サイバーエージェントは、あなたがアメブロに書いた文章、アメブロにアップした写真などを無断で宣伝のために使えるということです。

アメブロに『大ショック!!画像が勝手にまとめサイトに盗用!?|夜の猫と蓮の花』という記事がありました。

アメブロの記事に投稿した写真を無断でサイバーエージェントのサービスであるSpotlightに使われたというものです。

無断で写真を使った人はコメントでにこんなことを書いています。

今回、こちらのブログから画像を使わせて頂いた理由として、spotlightと同じサイバーエージェントの運営しているアメーバブログであるから使わせて頂いても大丈夫であろうと思っておりました。

通常であれば著作権について無知な人のコメントだということになります。しかし、アメブロの利用規約によると、サイバーエージェントの宣伝のためであれば無断で使えるということになります。

こんなふざけた利用規約はありえません。

自分の著作物をサイバーエージェントの宣伝に使われたくない人は、すぐにアメブロをやめることです。

【関連記事】

(2015年5月2日追加)
アメブロ以上にひどい利用規約を定めているブログサービスがありました。

livedoorの利用規約は最悪!著作権をすべて放棄することになる

(2015年5月5日追加)
著作権に関する感じ方は人それぞれです。

思った以上に大きい著作権に関する感じ方の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ