eリタイヤとスマートフォンの関係

 eリタイヤとは、ダニエル・ピンク「フリーエージェント社会の到来」の中で使われている言葉です。インターネットを駆使してフリーランス、ミニ企業家等になる高齢者の活動をさしています。

 iPhone4Sが発売され世の中にはスマートフォンの話題があふれていますが、eリタイヤとスマートフォンは非常に相性が良いものです。その理由を考えてみます。eリタイヤとしてどのような活動を行うにしても、人と連絡をとる、人と交流する、情報収集するといった行動は基本になります。これらの行動を行うためにはスマートフォンがたいへん役に立ちます。

 人と連絡をとる手段として古くから電話があります。さらに古くからは手紙がありますが、近年は電子メールに替わられてきています。最近は、FacebookやTwitterで連絡をとる人も増えています。

 人と交流する手段としては、もちろん直接会うのが一番ですが、電話のやりとり、手紙や電子メールのやりとりがあります。さらに、FacebookやTwitterさらにブログのコメントを通じてのやりとりもあります。

 情報収集の手段として、インターネットを利用する人は高齢者でも増えています。Google等で検索すれば、さまざまなことを調べられます。さらにニュースサイトやブログをRSSを使って読んだり、Twitterで流れてくる情報を読む人もいると思います。

 スマートフォンでは、1台でこれらがすべてできます。しかも、手のひらにのる大きさで、持ち運び可能なため、外出先でも使えます

 eリタイヤのためには、スマートフォンは必須の機器となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ