アイデアはすぐに記録せよ

 ふと思いついたアイデアは、すぐに記録します。記録しておかないと忘れてしまい、二度と思い出すことがないかもしれません。このブログも、ふと思いついたアイデアを基に書くことが多いです。どのように記録するかは、大事な問題です。最も早いのは紙に書くことです。文字だけでなく、図なども簡単に書けます。書いた紙をなくさないように、きちんと手帳に書くことが、最も望ましいです。

 手元に手帳がないときはiPhoneがあれば、iPhoneアプリのFastEverを使ってEvernoteに書きます。FastEverは動作がかるくすぐに立ち上がり、日付や時刻も簡単に入力できます。メモをEvernoteに書き込むには非常に便利です。Evernoteに書き込んでおけば、あとでパソコンで見ることもできます。

FastEver – quickly create …/rakko entertainment

Evernote /Evernote

 手帳もiPhoneもないときは、なんでもよいので紙に書いておきます。紙ナプキンや箸袋などの時もあります。そのために、ペンポッドという小型のボールペンを携帯電話につけています。ペンポッドは、収納時は縮み、取り出すとばねで自動的に伸びるボールペンです。

 ほかに何もなく、携帯電話だけがあるときには、自分のメールアドレス宛に携帯電話で送っておくという手もあります。そうすれば、あとでパソコンで見ることができます。

 ICレコーダを使い、思いついたことをどんどん話をして、録音しておくことを試したことがあります。これは、役に立ちません。聞くためには、話すことと同じ時間がかかります。しかも、時系列にしか聞けません。結局、アイデアについて考える前に紙に書きだす作業が必要になります。アイデアについて考えるときには、アイデアをいくつも並べて、全体を見渡すことが必要です。

 iPhoneでは、iOS5.1から、標準で音声入力が可能になりました。キーボードにマイクの印があり、そこをタップすると音声入力が可能になります。認識率もかなり高く、FastEverに入力するときなどは、フリック入力よりも早く入力できます。

 私は、フリック入力はあまり早くなく、携帯電話の入力はかなり遅いです。そのため、思いついたアイデアを記録する優先順位は次のようになります。

1.手帳に書く
2.FastEverで音声入力
3.FastEverでフリック入力
4.とりあえず手に入る紙にペンポッドで書く
5.携帯電話で自分あてに送る

 携帯電話の入力が早い人は、携帯電話の優先順位があがります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ