時間泥棒の武器は電話から電子メールへ?

 集中して知的作業を行っているときに、電話で作業を中断されると、電話が終わっても元の状態に戻るまで時間がかかります。私は、わりと瞬時に切り替えて元の状態に戻れる方なのですが、人によってはかなりの時間がかかり、電話を極端に嫌います。そういう人にとっては、時間泥棒の武器は電話です。

 電子メールは、はじめは、この時間泥棒の武器を奪うことが大きなメリットでした。仕事が一段落したところで、たまっていたメールを読み、返信が必要なものには返信します。そして、また精神集中が必要な仕事に入っていきます。連絡手段が電話から電子メールに変わることにより、このようなことが期待されていました。

 ところが、電子メールが普及すると想定外の使い方をする人がいました。メールを送った人が確認のために電話をしてくることがありました。送られたメールをすぐに読んでいないと、文句を言う人も出てきました。電子メールを創った人たちが考えた長所を、世間一般の人にわかってもらうのは、簡単なことではありませんでした。

 古くはポケベル、少し前はPHS、現在は携帯メールで常にやりとりをしていないと気が済まない人たちがいます。非常に狭い範囲で頻繁な交流を行う中でしか自分の存在意義を見つけられない人たちです。こういう人たちがスマートフォンを手にして、同じことを始めるのは、そう先のことではありません。さらに、電子メールの使われ方が変わる恐れがあります。

 電子メールは画期的な発明でした。電子メールが時間泥棒にならないように、電子メールのメリットを十分に理解してもらい、そのメリットを広めることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ