ITを使う上での注意点|ささいな見落としが致命的な結果をまねきます

白波

 コンピュータシステムでは、数百万行のプログラムの中の1文字を間違えただけで、莫大な損害を被る事故が発生することがあります。似たようなことが、ITを使うあなたにも起きるかもしれません。

 日本経済新聞電子版に『困ったES』と題し、「落としたくなるエントリーシート(ES)」の例として「社名が違ったり文章が途中で切れていたり」するものがあげられていました。複数企業にあてたものをコピー&ペーストで作成し、間違えたものです。この記事は、次のように終わっています。

「どんなに優秀な人材も、常識がなければ社会人としては通用しません。ルールやマナーを守り、真摯に取り組みましょう」

 たくさんのエントリーシートを作成する際に、コピー&ペーストを使うことを、常識がなく、ルールやマナーを守らず、真摯でないと考えているようです。

 しかし、一人の学生が数十の企業にエントリーシートを提出することは、珍しくないようです。全企業に同じ内容のものを送るかどうかは別にして、同じことがたくさん書かれていることは、容易に想像できます。

 エントリーシート作成時に、コピー&ペーストをすることが責められることとは思えません。見直しもするでしょうが、見落としがあるかもしれません。

 その時に、企業名の修正もれを見落とすと上記のように言われてしまいます。実際、エントリーシートに他社の社名が記入されていたら、落としたくなるでしょう。

 ワードプロセッサのコピー&ペースト機能を使い、エントリーシートを作成したときは、社名などは絶対に間違いのないように確認しなければいけません。社名の修正もれを見落とした場合には、その就職活動の結果に致命的な影響を与える可能性が大です。

 あなたが、常識があり、ルールやマナーを守り、真摯な学生でも、ささいな見落としが致命的な結果を引き起こします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ