Windows8.1のSkypeでトラブル発生

Windows8からWindows8.1にアップグレードした際に、Skypeでトラブルがありました。ブラウザからSkypeを立ち上げると、フル画面を占有するSkypeしか使えなくなりました。

しかもアカウントはMicrosoftアカウントに強制的に変えられてしまいます。

なんとか解決できましたので、書き留めておきます。

トラブル内容

Windows8から、WindowsにはSkypeが2種類あります。フル画面を占有するSkype for modern Windowsと他のプログラムも同時に画面に表示できるSkype for Windowsデスクトップです。

私は、オンライン英会話レッスンのレアジョブでSkypeを使い、テキストをブラウザで表示させながら使うため、Skype for Windowsデスクトップを使用しています。

Windows8.1にアップグレードしてからは、レアジョブのサイトから講師を呼び出すと、Skype for modern Windowsが立ち上がるようになってしまいました。

これでは、テキストが読めません。

時間になっても講師からコールがない時は、レアジョブのサイトから講師にコールできるのですが、それをするとテキストが読めなくなってしまいます。

こちらからコールができないため、講師からのコールを待つだけになりました。

解決方法

Windows8のときは、Skype for Windowsデスクトップしかインストールしていませんでした。Windows8.1にアップグレードしたときに、Skype for modern Windowsもインストールされたようです。

そこで、Skype for modern Windowsをアンインストールしようと考えました。

ところが、コントロールパネルの「プログラムと機能」には、Skype for Windowsデスクトップしかありません。

いろいろと試行錯誤の結果、次のようにして、Skype for modern Windowsをアンインストールすることができました。

タイルがならぶスタート画面でSkype for modern Windowsのタイルを右クリックします。

すると、画面の下に4つのアイコンが現れます。その左から2番目の「アンインストール」をクリックします。

アンインストール

これで終わりです。ブラウザからコールしてもSkype for Windowsデスクトップが立ち上がるようになりました。

補足

Skype for modern Windowsも一度使おうとしましたが、奇妙な現象が発生しました。

Skype for modern Windowsが立ち上がった後に、Microsoftアカウントへのログインを求められます。ログイン後にSkype for modern Windowsが使えるようになります。

Skype for modern Windowsを使う前は、ローカルアカウントを使用していましたが、それが、Microsoftアカウントと入れ替わってしまいました。

いろいろ試しましたが、もとに戻すことができません。仕方がないので、Microsoftアカウントにログインして使っています。

画面の壁紙が初期状態に戻ってしまいましたが、それ以外には変わったところはないようです。

どうやらSkype for modern Windowsを使うと、アカウントがMicrosoftアカウントに強制的に変えられてしまうようです。

また、Skypeのサイトには次のようにでています。

Skype for modern WindowsとSkype for Windowsデスクトップの違い

一時も早くSkype for modern Windowsで全機能をご利用いただけるようにすべく全力をあげて取り組んでいますが、グループビデオ通話や画面の共有については、Skype for Windowsデスクトップをご利用ください。これらの機能は将来のバージョンのSkype for modern Windowsで予定されているため、まもなくご利用できます。

Skype for modern Windowsは、不完全な製品だということです。デスクトップパソコンでは、Windows7と同じような使い方ができるように戻してほしいものです。

最初にWindows8で2種類のSkypeがあることに気づいたときに書いたのは次の記事です。

注意!Windows8には2種類のSkypeがあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ