Windows8のタスクバーにフォルダーを登録する方法

 Windows8になって、ユーザーインターフェースが変わり戸惑っている人も多いと思います。私は、Windows Vistaで、タスクバーによく使うファイルを登録し、ワンクリックで開けるようにしていました。Windows8では、タスクバーにファイルは登録できないようですが、フォルダーを登録することはできました。

1.タスクバーにツールバーを追加

 デスクトップ画面のタスクバーを右クリックして、「ツールバー」→「新規ツールバー」と選択していきます。

2.フォルダーの選択

 フォルダーの選択画面で登録するフォルダーを選択します。

フォルダーの選択

3.フォルダー名のツールバーを移動

 フォルダー名のツールバーがタスクバーの右側にできます。このままでもいいのですが、ツールバーを左に移動します。右クリックして「タスクバーを固定する」をオフにします。

タスクバー右

4.ツールバーの入れ替わり

 フォルダー名のツールバーをドラッグして、一番左側まで持ってくると、IEやエクスプローラのツールバーが右側に移動します。この時、フォルダー内のファイルは個別に表示されています。

タスクバー右2

5.ツールバーを左に集める

 IEやエクスプローラのツールバーをドラッグして左に持ってくると、フォルダー内のファイルは、消えていきます。フォルダー名だけが表示される状態にすると完成です。Windows Vistaの時とほぼ同じ使い勝手になります。

タスクバー左

 上の図では、「Classic Shell」をインストールしているために、スタートメニューも表示されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ