注意!Windows8には2種類のSkypeがあります

犬とパソコン

 Windows8には、2種類のSkypeがあります。はじめからWindows8のスタート画面にインストールプログラムへのリンクが用意されているSkype for Windows8とSkypeのサイトからダウンロードできるデスクトップ用Skypeです。

 私は、はじめSkype for Windows8をインストールしました。Skype for Windows8は、インストールするとフル画面で表示されます。Skypeは、オンライン英会話レッスンのレアジョブで使うため、テキストを表示するブラウザと並べて表示させていました。ところが、Skype for Windows8は、フル画面以外の表示ができません。

 あちこちいじり、Skypeのサイトに行ってはじめてデスクトップ用Skypeを見つけました。こちらはブラウザと並べて表示させることができます。

 Windows8は、スタート画面にタイルが並んでいて、そこでプログラムを選択して起動するインターフェースが標準です。タブレットPCに特化したユーザーインターフェースです。

 従来のスタートボタンからプログラムの一覧を表示させて、そこから選択する方式は、シェアウェアかフリーソフトを別途インストールしなければ使えません。

 タイルを並べる方式は、プログラムの数が増えるとたいへんです。ずーっとスクロールさせて選択しなければなりません。どのあたりに置いたかを覚えていなくてはいけません。iOSのようにフォルダにまとめる機能は無いようです。

 タブレットPCで少数のプログラムだけを使う人以外は、従来のユーザーインターフェースの方が、はるかに使いやすいと思います。

 Skypeのように2種類のプログラムを用意するならば、はじめから2種類あることがわかるようになっていないと、使う人に余計な手間と時間をかけさせることになります。是非とも改善をお願いしたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ