Microsoftアカウントとローカルアカウントのメリット・デメリット

Windows8

Windows 8 からMicrosoftアカウントが使えるようになりました。Windows 7までで使っていたローカルアカウントを使うこともできます。Microsoftは、Microsoftアカウントの使用を推奨していますが、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

Microsoftアカウントのメリット

Windowsストアアプリの利用ができます。

また、複数のパソコンに同じMicrosoftアカウントでサインインをすると、個人設定が同期され、パソコンのテーマや言語の設定、ブラウザーのお気に入り、アプリなどを共有することができます。

OneDriveによりファイルの共有ができます。

1台のパソコンに複数のMicrosoftアカウントを同時に設定することはできません。

ローカルアカウントのメリット

1台のパソコンに複数のローカルアカウントを設定することができます。ローカルアカウントごとに各種設定は保存されます。そのため、1台のパソコンを複数人で共有するときには、ローカルアカウントが便利です。

同じ人が、別のパソコンに同じローカルアカウントでサインインしたとしても、別のアカウントとして扱われ、同期されるようなことはありません。

ローカルアカウントの設定は、「コントロールパネル」→「ユーザーアカウント」→「別のアカウントの管理」→「PC設定で新しいユーザーを追加」→「アカウントを追加する」→「Microsoftアカウントを使わずにサインインする(お勧めしません)」という階層の深いところで行うことになります。

まとめ

ひとりで専有して使うパソコンであれば、Microsoftの推奨のとおりMicrosoftアカウントを使ったほうが便利です。

複数人で共用して使うためには、ローカルアカウントを設定して、アカウントを切り替えながら使うことになります。その場合でも、ひとりだけはMicrosoftアカウントを使うことができます。

パソコンを共有して使うということは、もはやMicrosoftの眼中にはないようです。