2012年に読んだ本ベスト10

books

 2012年の最後の日になりました。私が2012年に読んだ本で、私にとって役に立った本、印象に残った本という観点からベスト10を選びました。

1位「ワーク・シフト」リンダ・グラットン

 2025年までに発生すると予測している3つの常識のシフトと子供たちへの手紙には強く同意します。

 この本に関連して3つの記事を書いています。

2025年の働き方の予言|『ワーク・シフト』

アバターによるテレビ会議|『ワーク・シフト』にヒントを得た考察

『ワーク・シフト』と同様に1990年当時の働き方を振り返ってみます

2位「スイッチ!」チップ・ハース、ダン・ハース

 感情と理性をうまくコントロールして、自分自身が変わる方法があります。

これで確実に変われます!『スイッチ!「変われない」を変える方法』

3位「必ず結果が出るブログ運営テクニック100」コグレマサト、するぷ

 このブログでも参考にさせてもらっています。

役に立ちます!『必ず結果が出るブログ運営テクニック100』

4位「サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている」西内 啓

 学問的な答えが出ていることに悩まず、その先を考えてこそ人類の進歩があります。

人生のインデックスになります|『サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている』

5位「ビジネスモデルYOU」ティム・クラーク、アレックス・オスターワルダー、イヴ・ピニュール

 ビジネスモデルの考えを個人の活動に適用すると、すばらしい結果となります。

あなたの生活を一変させるかもしれません|『ビジネスモデルYOU』

6位「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー

 私は、10年以上前に「7つの習慣」のセミナーを受講していますが、本は積読状態でした。人が活動するための基本が書かれていると思います。

7位「その科学が成功を決める」リチャード・ワイズマン

 科学的に明らかになっていることを知っているか、知らないかでかなりの差がつきます。科学的に明らかになっていることは、知っておいて損はありません。

あなたを幸せにする科学的に証明されている7つのこと|『その科学が成功を決める』

8位「スタートアップ!」リード・ホフマン、ベン・カスノーカ

 キャリア転換に備えて、起業家精神を持ち、自分の人生を切り開いていく方法が書かれています。

現代社会を生きのびる6つの方法『スタートアップ!シリコンバレー流成功する自己実現の秘訣』

9位「ニッポンの書評」豊﨑 由美

 本に関する記事を書くときには、参考にさせてもらっています。

書評ブロガーに是非読んでもらいたい|『ニッポンの書評』

10位「それをお金で買いますか」マイケル・サンデル

 世の中では、驚くようなものが売買されています。それは、お金で売買して良いものかどうか、きちんと考えなくてはいけません。

考えさせられます|『それをお金で買いますか』

お金で売買してはいけないもの

photo credit: Patrick Gage via photopin cc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ