お金で売買してはいけないもの

 『それをお金で買いますか』には、論議を呼びそうなさまざまな例が紹介されていますが、それでも、サンデル教授がお金で売買することが許されないとしているものは、次のものです。

・人間
・子供
・投票権

 現在の日本では、これらの売買は法律で禁じられています。私が、改めて思ったことは、これらもかつては当たり前のように売買されていたということです。

 私の父は、マッカーサーに感謝していました。農地解放により村の人たちが、娘を売らずにすむようになったと言っていました。冷害になると、娘を女衒に売る家があったということです。

 投票権が、実質的に売買されているようなことは、新聞記事になったこともありました。選挙になると、選挙事務所に人が集まり飲み食いして、そこで振る舞われるおにぎりには、一万円札が入っているという記事があったことを記憶しています。

 サンデル教授が、お金で売買することが許されないとしているものが、本当に売買されない世の中になることが、人類の進歩といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ