あなたを幸せにする科学的に証明されている7つのこと|『その科学が成功を決める』

 世の中には自己啓発の本があふれています。関連するセミナーもたくさん開かれています。しかし、中にはまゆつばものもあります。『その科学が成功を決める』では、世の中に流布している方法に、科学のメスをいれています。ここでは、科学的に効果が確かめられている方法を7つ紹介します。

1.感謝することを書き出す

 感謝すること、感謝したことを書き出します。幸福感が強くなり、健康状態も良くなります。『ハーバードの人生を変える授業』でも毎日、感謝したことを書き出すことを薦めています。

2.成功した自分ではなく、前進する自分をイメージする

 自分の成功だけを想像していると、現実逃避となって、目標達成に必要な努力をしなくなる場合があります。前進する自分をイメージすることは、目標達成のために計画を立て、実行することにつながります。

3.自分の弔辞を書く

 自分の葬儀で、友人が弔辞を述べることを想像します。その弔辞を書きます。自分が、死後どのように記憶されたいかを考えることになります。この方法は、『ビジネスモデルYOU』でも紹介されています。

4.子供をほめるときは、才能ではなく努力をほめる

 子供の才能をほめると、失敗を恐れるようになりがちです。努力をほめると、実際の結果にかかわらず、子供の励みになります。

5.ウソを見抜く時は、相手の言葉に耳を傾ける

 人はウソをつくときは、他のことと矛盾が生じないように考えなければいけません。そのため、「うーん」や「えー」などの言葉が増え、自分を指す言葉を使わなくなるそうです。よそよそしいしゃべり方になり、話をはぐらかすことも増えてきます。

6.財布に赤ちゃんの写真を入れる

 財布に赤ちゃんの写真を入れておくと、なくしたときに戻ってくる可能性が増えます。

7.職場に植物を置く

 植物は、反社会的行動を抑えると同時に、創造性を高めます。

まとめ

 『その科学が成功を決める』から、科学的に効果が認められていることを紹介しました。本書には、効果がないこと、逆効果となったことについても実験結果を紹介しています。是非、一読をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ