Dropbox内のフォルダーやファイルが消えてしまう?再インストール時のトラブル

Dropbox内のフォルダーやファイルが消えてしまうことが、ときどき起きるようになりました。

しかし、消えたと思ったフォルダーやファイルが、再び現れることもあります。現れたと思ったら、また消えてしまうこともあります。

何かおかしいと思いながら、なんとか使えているので、じっくり調べようと思いながら日にちがたっていました。

調べているうちにわかったのは、WindowsのタスクバーにあるDropboxのアイコンから開いたDropbox内のフォルダーやファイルと、パソコンのアイコンから開いたフォルダーやファイルが異なっていることです。

ある日以降に作成したフォルダーやファイルが異なっていました。『Dropboxが同期しなくなりました』に書いたDropboxの障害が発生したときからです。

この時の処置がまずかったのかと思いながら調べていく間に、Dropbox内のファイルが、どこか別の場所に作られているのではないかということに気づきました。

Dropboxのアイコンをクリックし、右上の歯車のマークをクリックすると、メニューが表示されます。そこから、「基本設定…」を選びます。

基本設定

「アカウント」のところに「場所」の設定があります。その場所は、私がDropboxで使っているつもりの場所とは別の場所でした。

Dropboxが同期しなくなったときに、Dropboxの再インストールを行っていたことを思い出しました。

再インストール後は、そのままでそれまでと同じように使えました。そのため、場所の指定などはレジストリか設定ファイルから引き継がれたと思い込んでいました。

実際には、C:\Users\の下に、Dropboxのフォルダーが自動的に作られていました。インストール時に場所を聞いてくることはありませんでした。

そのため、タスクバーにあるDropboxのアイコンから開いたときは、Dropbox内を見ていましたが、スタートボタンのパソコンからフォルダーを開いたときは、自分がDropboxと思い込んでいたフォルダーを見ていたわけです。

そのために、フォルダーやファイルが消えたり、現れたりしたように思ったわけです。Dropboxだと思い込んでいたフォルダーにもDropboxのマークがついていることも、思い込みを助長しました。

正常な状態に戻してから見ると、同期が完了している状態では、そこにも緑のチェックマークがついています。Dropboxの場所に指定されていないときは、Dropboxのマークしかありませんでした。

しかし、Dropboxの場所に指定していないのですから、フォルダーについているDropboxのマークは消えてほしいものです。そうすれば、再インストール時に気づいていたのではないかと思います。

補足して説明すると、Dropboxのインストール時に既存のフォルダーとデータをマージすることはできません。Dropboxが新たに「Dropbox」という名前のフォルダーを作ります。そこに、クラウドからデータを自動的にダウンロードします。

そのため、データのマージは、一つ一つ自分で確認しながら行いました。

Dropboxを再インストールするときは、注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ