App Store ランキング操作の真実

アプリ

スマホアプリのダウンロード数やランキングは、カネで買われていたケースがあることが明らかになってきました。ところが、そこにはまだ裏がありそうです。

ランキング操作のからくり

懸賞アプリ

App Storeランキング騒動の実態–「懸賞アプリ」に対する業界の懸念 – CNET Japan』によると、2012年には次のようなランキング操作が行われていました。

知り合いにアプリをダウンロードしてもらえば、ポイントをもらえるアプリがありました。ポイントをもとに抽選で商品券などが当たりました。これが懸賞アプリです。

そのため、アプリのレビューが「この招待IDで登録すればポイントがもらえます」というメッセージで埋め尽くされました。

この騒動を収めるため、アプリ提供会社は招待IDによるポイント付与を中止し、レビューに招待IDを書き込まないようにアナウンスしました。Appleは招待IDによるポイント付与を続けていたアプリをガイドライン違反として、削除したとされています。

ただし、一度削除されたアプリがほとんど同じ仕様、デザインでありながら、別の名前の会社から別の名前のアプリとして登場しています。

リワード広告とブースト広告

スマホアプリ、操作されるランキング:日経ビジネスオンライン』では、次のようなランキング操作を紹介しています。

指定されたアプリをダウンロードするとポイントをもらえる「お小遣いアプリ」と呼ばれるアプリがあります。ポイントはLINEやAmazonのギフトカードやゲーム内アイテムに換えられます。このようにしてアプリのダウンロードを促す広告をリワード広告といいます。

ポイント目当てのお小遣いアプリのユーザーは、ダウンロードだけしてアプリを使いません。こうして、ダウンロード数だけが増えていきます。

ダウンロード数が増えれば、ランキングが上がります。特に短時間でダウンロード数が伸びたアプリは、ランキングも大きく上がります。

そのため、アプリのダウンロードがピークになる19時をねらい、17時ごろお小遣いアプリにアプリの「広告」を出します。17時~18時にダウンロードが急増すれば、ランキングも上昇し、ランキングを見て一般ユーザーもダウンロードするという具合です。

リワード広告を使いランキングを上げ、多数のダウンロードを誘うという正の循環作用をねらう広告をブースト広告といいます。

このランキング操作はAppleの規約に違反します。

3.10 Developers who attempt to manipulate or cheat the user reviews or chart ranking in the App Store with fake or paid reviews, or any other inappropriate methods will be removed from the iOS Developer Program

出典:App Store Review Guidelines – Apple Developer

リセマラ

リワード広告とブースト広告には、さらに驚くべき仕掛けがあります。なんと、ひとりで何回でもダウンロードできるそうです。そして、ポイントをもらえる以外にも、何回もダウンロードを繰り返すための仕組みまで用意しています。

日本で、誰がプレイしているのか分からないようなゲームアプリが毎月何億ダウンロードという日本人の人口の数倍落とされていますが、そのカラクリは基本的にはこのリワード広告によるダウンロード数のブーストと、リセットマラソン(通称『リセマラ』)といわれるゲーム初期に引ける無料の高級ガチャで「良いカードが出るまで、インストールとアンインストールを繰り返す」行動様式に支えられているのです。

出典:グノシー他、AppBank「モンスト攻略」ブーストでアプリダウンロード数を水増し(山本一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

Appleの対応

リワード広告、ブースト広告、リセマラに対して、Appleはお小遣いアプリの登録拒否を行っています。

しかし、リセマラを完全に無効化し、リワード広告やブースト広告の効果を弱体化する効果的な方法が存在するにもかかわらず、Appleは実行していません。

同一Apple IDからのダウンロードは、1回だけカウントすればいいだけです。ダウンロードのたびにカウントするのは、ダウンロードの回数を多く見せたい意図があると思われます。

また、『Google Playのリワード広告をするときはお金と覚悟が必要! | D2Cスマイル』によると、App Storeは、Google Playと比較して、ランキングにおけるダウンロード数の影響が大きく表れる仕組みになっています。

Appleはランキング操作に対する風当たりが厳しくなれば取り締まり、そうでなければAppleのアプリの開発者を増やすためにランキング操作を見逃していると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ