2016年ITの予想

予想

2015年も大みそかになりました。例年の大みそかには、その年に読んだ本ベスト10をブログに書いていました。同じような記事が増える時期でもあるので、今年は趣向を変えて2016年のITを占ってみます。

ノートパソコンとタブレット

2016年はノートパソコンとタブレットの区別がなくなります。

といってもこれは、Windowsの話です。Windowsでは、キーボードをつけるとノートパソコン、キーボードがないものがタブレットです。

大量の文字入力をする人はキーボードをつけて持ち歩き、そうでない人はキーボードなしで持ち歩くことになります。

画面は大きいほど使いやすいので、キーボードをつけた場合と、つけない場合の両方で、大画面でいかに軽く、薄くするかの勝負です。

MacとiPadでは、OSが違うのでこうはなりません。iOSにはパソコンで使いたいソフトが不足しています。

iPad Proのキーボードは蛇足です。なんの役にも立ちません。iPad Proはペンタブレットを置き換えるものです。

Appleがそのことに気づかないとしたら、勝負はMicrosoftのものとなります。

SEO

SEOと聞くと、いまだにキーワードを詰め込んだり、被リンクを増やしたりすることだと考えている人がいてびっくりします。

キーワードを不自然に詰め込んだサイトは、ペナルティの対象です。これは、すぐにわかるので、反対の意見の人は少ないと思います。

被リンクもあまり意味のないものになっています。「あまり」というのがあいまいです。権威のあるサイトからのリンクは意味がありそうだからです。

ページランクは2年間更新されていません。これは、Googleはもうページランクを使っていないことを意味しています。

ページランク5のサイトはなかなかありませんが、ページランク5のサイトが検索で上位表示されず、ページランク3のサイトばかりが上位表示されるという例もあります。

逆に被リンクがなくても、ビッグキーワードで上位表示される例もあります。

Googleはコンテンツを見ています。

しかし、コンテンツの質までは、まだ判断できないようです。冗長な記事のサイトが上位表示されるきらいがあります。

ここが、Googleの今後の課題です。2016年中には解決の糸口を見つけてほしいものです。

ソーシャルメディア

日本のソーシャルメディアは、LINEとFacebookの2強になります。Twitterは沈みます。

Twitterは一部の有名人の情報発信ツールになりつつあります。

多くの人はリストを作ってTwitterを見ています。

知人との交流はFacebookに移っています。親密な仲間とはLINEです。Twitterでの交流が減っています。

その結果、Twitterでは、有名人のツイートを見るだけになります。

Appleの新製品

Appleは間違いなくiPhone 7を発売します。うわさでは、今までよりも薄くなりそうです。CPUは早くなるはずです。ハードウェアに大きな変化はないと思います。

Apple Watch 2も出てくると思います。より、薄く、軽くなり、CPUが早くなるでしょうが、価格は変わらないと思います。

他社にはないセンサーを搭載し、健康状態や運動の状態を監視して、適切なアドバイスができるようになるまでは、購入は待ったほうが良いと思います。

逆に言えば、腕時計型のウェアラブルデバイスは、搭載しているセンサーとソフトウェアと価格から選んだ方が、コストパフォーマンスの良いものが手に入ります。現時点では、Apple Watchはベストの選択ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ