Googleから一時的に検索できなくなりました

 11月の初旬に「eリタイヤ」のキーワードでGoogleを検索すると私の次の記事が一番始めに表示されました。

eリタイヤ

 ところが、11月中旬頃からGoogleで検索しても表示されなくなり、代わりにfreemlのドメインで、よく似たサイトが見つかりました。試しにアクセスしてみると、私のアメブロのブログとうりふたつでした。記事をすべてコピーしています。はじめは、なぜこんなものがあるのか分からなかったのですが、調べてみると、以前freemlのメーリングリストを利用したときにマイページというものを作り、そのときに自分のブログのアドレスを入力していたようです。完全に忘れていました。

 それにしても、なぜfreemlのサイトが検索され、アメブロの記事が検索されなくなったのかわかりませんでした。調べていくと、Googleの「ウェブマスター向けガイドライン」の「品質に関するガイドライン – 具体的なガイドライン」に次のような記述がありました。

「複数のページ、サブドメイン、ドメインで同じコンテンツを公開しない。」

 これにひっかかったのかもしれないと考え、freemlのブログ記事を非公開にすると同時にすべて削除しました。Googleの「再審査リクエスト」というものがありましたが、再審査を受けるためには、Googleに対象のブログが自分のブログであることを証明しなくてはなりません。そのために、ブログ内にGoogleの指定するコードを指定の位置に入れなければなりませんが、アメブロではCSSとフリープラグインでしかブログをカスタマイズできないため、どうすればよいのか調べていました。

 そうこうしているうちに、再度、「eリタイヤ」のキーワードでGoogleを検索してみると、表示されました。12月11日現在で、次の記事が最初に表示され、上記の記事が2番目に表示されます。

eリタイヤとスマートフォンの関係

 同じ内容のブログがあるため、一時、Google内でのランクが下がっただけのようですが、freemlには驚かされました。なお、この記事を書くために再度、freemlのマイページをにアクセスしてみたら、削除したつもりの記事がまだ残っています。ただし、非公開としているため外部からはアクセスできない状態となっているようです。freemlは警戒する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ