発展途上国と電話

 発展途上国では、固定電話より先に携帯電話が普及するという現象が起きています。理由は、インフラ整備が携帯電話のほうが安いからです。携帯電話は1つのアンテナを設置すると、電波が届くところであれば複数台の携帯電話が使えます。電波は間に障害物がなければより遠くまで届きます。固定電話は、中継局から各々の電話の設置場所まで電線を敷設しなければなりません。インフラをゼロから構築しなければならないところでは、電話の台数が増えるほど携帯電話のほうが1台あたりの設置金額が安くなります。

 ものごとは、段階を踏んで発達すると考えられています。歴史は、時代の区分に異説はあるとしても、原始、古代、中世、近代、現代と進歩してきました。科学技術も、アルキメデスからニュートン力学、アインシュタインの相対性理論、ハイゼンベルクの不確定性原理と進歩してきたように見えます。

 しかし、発展途上国は先進国が歩んできた道をなぞる必要はありません。これまでに人類が発見、発明してきたことの成果だけを享受できます。科学技術だけでなく、人文科学や社会科学においても同じことがいえます。課題は、発展途上国における教育の普及です。この課題を克服できれば、全人類が現在の先進国なみの生活を送れるようになることも夢ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ