Facebookへの参加を躊躇している方のために|TwitterとFacebookの違い

 実名登録が怖くFacebookへの参加を躊躇している方のために、TwitterとFacebookの違いをまとめてみました。

Twitter

 ダイレクトメッセージ以外は誰でも読めます。特に、タイムラインの内容を検索すれば、世界中の誰もが発言を見つけられます。そのため、情報収集のツールとなります。自分のツイートにリツイートした人もわかります。

 つぶやいている本人からは、タイムラインが流れる速度が速いため、発言は消えてしまうように感じます。そのために、大通りで、みんなが大きな声で話をしているように感じるようになります。

 匿名で登録している人が大半で、礼を失した発言や、誹謗中傷も珍しくなく、しばしば炎上やセキュリティ事件が起こっています。

 フォロワーが増えるとタイムラインを追い切れなくなるので、タイムラインを読みたい人のリストを作成し、リストを読むようになります。ただし、自動ではなく、自分でリストを作成しなければなりません。

Facebook

 標準の設定では、タイムラインは誰でも読めます。ただし、タイムラインの内容を検索して、探すことはできません。書き込みは、本人と友達ができます。設定を変更することにより、タイムラインを本人と友達だけが読め、本人だけが書き込めるようにすることができます。

 コメントや「いいね」があると、知らせる機能があります。さらに、優先的に表示されるようになります。ニュースフィールドもハイライトの設定であれば、自動的に交流の多い人を優先的に表示します。

 実名登録ですので、実世界をそのままネット上に拡張した、親しい人との交流の場という感じになってきます。そのため、炎上事件のようなことは、あまり起こりません。

 Facebookは実名のため、交流に伴う礼儀などは、実社会とほとんど同じです。プライバシーポリシーもきめ細かく設定できますが、人に知られたくないことは、登録しなければ良いだけです。注意事項は別の記事にまとめました。
Facebookの最も安全な使い方

結論

 ふだん使っている感じは、Twitterはおおぜいの人が行き交う大通りでの交流、Facebookは仲間内の室内での交流というイメージだと思います。ところがFacebookと比較すると、Twitterは匿名登録の人が多く、無責任な発言もあり、炎上事件なども起こっています。Facebookは実名登録のため、炎上事件のようなことはあまり起きません。そういう観点から考えると、Facebookは、はるかにTwitterより安全といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ