直観を活かす4つの法則

スイセン

 「直観は過たない、過つのは判断である」という言葉もあるように、直観は詳細に検討した結果到達した判断よりも優れています。直観は、あなたのすべての知識を一瞬のうちにまとめて下されるものです。そのため、地道に順を追って考えた末に下された判断よりも優れているのです。この直観を活かす方法を紹介します。

1.直観を信じる

 直観が最も働くのは、何かをじっと考え、その考えることをやめたときです。どんな答えでも受け入れようという気持ちが、直観を呼び起こします。内なる声に従い、直観を信じることです。

2.前向きになる

 困難にぶつかっても、何が起こってもどうにかなると開き直り、楽観的で明るい結果を思い浮かべます。落ち着いて結果を受け入れる覚悟を持ちます。落ち着くことで、最高の状態で働く精神状態となります。直観とはそのようなときに生まれます。

3.自身を持って期待する

 困難な事態にぶつかったり、逆境に陥ったりしたときには、教訓を探します。失敗したり、障害にぶつかったりしたときは、よかったところ、プラスになるところを探します。どんな状況でも、常にいい面に目を向け、悪い面にこだわるのはやめます。

 あなたが前向きで、自信に満ちていればいるほど、脳が最高の状態で働くようになり、直観が鋭くなります。いい解決策を思いつき、目標を達成できます。

4.耳を傾ける

 間違いの多くは、直観を無視することで起こります。あるいは、耳を傾けないことで発生します。ものごとを直観で判断しない方が良いという考えは、後から間違いだったと気づきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ