Windowsはウィルスの巣窟となる!Microsoftは最新版IEだけをサポート

キーボード

米Microsoftは、Internet Explorer (IE)のサポートを最新版だけにすると発表しました。

Stay up-to-date with Internet Explorer – IEBlog – Site Home – MSDN Blogs

2016年1月12日からIEのサポートサイクルを変更し、Windowsの各プラットフォームで使用できるIEの最新版だけに、テクニカルサポートとセキュリティアップデートを提供します。

Windows Platform Internet Explorer Version
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11

一般の個人ユーザーにとっては、特に困ることはないはずです。

一般ユーザー向けにWebサービスを提供している会社にとっては、一般ユーザーの大部分が最新版のIEを使用する状況は、歓迎すべきことです。

新製品をリリースするたびに、何種類ものIE向けにテストしなければなりませんでしたが、最新版だけですむようになります。

困るのは、企業ユーザーです。古いIEでしか動かないWebアプリを使っているユーザーです。

Microsoftは、IE 11に後方互換モードである「エンタープライズモード」を用意すると発表していますが、完全互換である保証はありません。

Windows XPもまだ多くの企業ユーザーで使われています。リスクを過小評価し、新OSに変更する費用を出そうとしていないためです。

IEでも同じことが起きます。

対応するためには、Microsoftが新しいIEをリリースするたびに、Webアプリのテストを行い、問題があれば修正しなければなりません。

そんな費用を負担したくないと考える企業は多数あります。

すると、Windows XPと同じように、そのまま使われることになります。その結果、ウィルスに感染し、どこかのサイトを攻撃する拠点として使われたり、乗っ取られて犯罪に使われたりすることになります。

Microsoftは、企業ユーザーのパソコンシェアトップを占めている責任を放棄し、自社の費用削減にしか興味がないように見えます。

結果は、企業ユーザーから見放され、Microsoftの没落に輪をかけることになるのは明らかです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ