Windowsのデュアルブート環境におけるSugarSyncの設定

さざんか

 Windows VistaのパソコンにSSDを増設し、Windows8アップグレード版をインストールして、デュアルブート環境で使っています。デュアルブート環境で使っているのは、ソフトウェアの互換性が完全ではないため、Windows8で不具合があったときに、Windows Vistaでとりあえず処理したり、動作を確認したりするためです。

 これまでデュアルブートにしたおかげで、だいぶ助かっています。もし、デュアルブートにしていなかたら、年賀状の印刷でも困っていたところです。アップグレードしたときやその後のトラブルについては、以下の記事に書いています。

Windows VistaのPCにSSDを増設しWindows8アップグレード版でデュアルブートにしました

Windows8にアップグレードして問題のあったソフト

 しばらく順調に使っていましたが、1週間ほど前にSugarSyncが警告メッセージを表示しました。SugarSyncの容量が逼迫してきたというメッセージです。

 SugarSyncは、WordPressの全データのバックアップに使っています。1日あたり約100MBで、10日分保存していますので、1GB程度の容量のはずです。無料の5GBには十分余裕があるはずです。

WordPressの全データを自動でバックアップする方法

 Windows8で立ちあげてエクスプローラでフォルダーを見ると、ここ数日のパックアップファイルが保存されていません。Windows Vistaで起動しなおして確認すると、きちんと昨日までのファイルがバックアップされています。

 Windows8でも、Windows Vistaでも、同じフォルダを、SugarSyncにアサインしていました。すなわち、クラウドとパソコンで、Windows8のSugarSyncとWindows VistaのSugarSyncを、それぞれ経由して同期するようにしていました。

 同じフォルダが、Windows8で立ちあげて見たときと、Windows Vistaで立ちあげて見たときで、内容が異なって見えるのです。実に奇妙な現象です。

 原因がわからないので、Windows8で使うときとWindows Vistaで使うときで、フォルダのアサインを変えることにしました。ところが、うまくいきません。Windows8でSugarSync用に新たに作成したフォルダを同期させようとしたのですが、同期させるための設定ができません。

 最初の環境で行った同期の設定があるため、新しいフォルダとは同期できないというエラーメッセージがでます。最初の同期の設定をはずそうとしましたが、はずすことができません。

 試行錯誤の結果、一度SugarSync上から古いコンピュータの定義を削除し、新しいコンピュータを定義しなおして、同期させるとうまくいきました。

 Windows VistaとWindows8で、コンピュータ上の同じフォルダをクラウドと同期させることは、Dropboxでも行なっています。Dropboxではまったく問題ありません。Dropboxは、非常にシンプルです。

 Sugarsyncは、コンピュータとフォルダ別にデータを管理しているようです。同期させるフォルダは個別に設定します。この設定を一度行うと、はずせないようです。

 異なるコンピュータにあると定義されたフォルダが、実は同じフォルダだということは、想定外なのかもしれません。OSごとに別のフォルダをアサインする今の設定で、なんとかうまくいっているように見えます。しばらくこの設定で使ってみます。

【2013年1月29日追記】
 新しいフォルダを作成したため、BackWPupの設定で、「Backup to SugarSync」の「Root」を新しいフォルダに変更する必要があります。この変更をして、きちんとSugarSyncにバックアップファイルが格納されていることを確認できました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ