Apple Watchの使い道

Apple_Watch

Apple Watchが4月24日から発売されます。楽しみにしている人も多いと思います。そこで、Apple Watchの使い道について考えてみました。

iPhoneの外部表示装置

Appleの想定しているApple Watchの主な使い方は、iPhoneの外部表示装置としての使い方です。すなわち、iPhoneをポケットやバッグから取り出すことなく、Apple Watchで確認するという使い方です。

ランニングをしている時には便利かもしれません。散歩の時は微妙です。重要なメールにすぐに気づくというメリットはあります。

しかし、ランニングをしている時にiPhoneをズボンのポケットに入れていては、ズボンがずり落ちてきそうです。ランニングをするときには、もっとしっかり体に固定する必要があります。

しかし、腕にバンドでiPhoneをつけているならば、直接、iPhoneを見ればいいということになります。

自転車に乗っていたり、自動車を運転したりしている時に、Apple Watchを見ることは危険です。Apple Watchを見るときは、車を止めなければなりません。

そうすると使い道がかなり限られます。ポケットがない服装のときにiPhoneをバッグに入れておき、通知をApple Watchで受けるという使い方です。

センサー

腕時計型ウェアラブルデバイスの主な機能は、身体のセンサーとしての機能です。ところが、Apple Watchにはモーションセンサーと心拍計しか搭載されていません。

この点では、他社のウェアラブルデバイスと変わりません。むしろ他社製品の方が小さく、軽く、安いものがあります。

センサーとしては、Apple Watchは他社の製品と比較して優れているとは言えません。

Apple Watch単体

Apple Watch単体でできることには、どんなことがあるでしょうか。インターネットとの接続がiPhone経由ですから、かなり限られそうです。

文字入力がどのようにできるのか気になります。文字入力はiPhoneからという設計かもしれません。

Apple Watch単体で使うためのユーザーインターフェースをどのように設計しているか?私がApple Watchに興味があるのはこの部分です。

装飾品

Apple Watchのデザインには賛否両論があります。私は、腕につける装飾品としては、厚すぎてバランスが悪いと思います。

2百万円以上の価値があるデザインと考える人が、どれほどいるのでしょうか。

まとめ

Apple WatchでiPhoneと連動してできることは、iPhone単体でもできるはずです。すると、ポケットやバッグに入っているiPhoneを取り出さずにApple Watchでできることが、Apple Watchの使用価値になります。

Appleがこの使用価値をどのように提案してくるか、または誰かが新たな使用価値を見つけるか、それがApple Watchの普及を左右することになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ