Windowsタブレットは消え去るのみ ― 携帯用パソコンの比較から明らか

砂浜に打ち上げられたノマドワーカー

Microsoft が Suface 3 を発売しました。薄さと軽さを売り物にしています。

タブレットとしても使え、キーボードを付ければパソコンとしても使えます。Windowsでは同じOSが動くため、タブレットとパソコンを区別する必要がありません。

Macでは、タブレットとパソコンでOSが異なるため、使い道が異なります。iPadはiPhoneのアプリを大画面で動かすために発売されました。アプリによっては大画面の方が便利であり、使いやすくなります。

iPadが商業的に成功したため、Windows陣営からもタブレットが再度出てきました。Windowsのタブレットはその前からありましたが、ほとんど売れていませんでした。Windowsにはタブレットに適したアプリがないためです。

iPadが成功したのは、タッチパネルで使えるiPhone用のアプリがそろっていて、そのまま使うこともできたからです。

そのうちに、iPadにキーボードを付けてパソコンのように使う人が増えました。大量の文字入力にはハードウェアキーボードが必要です。ソフトキーボードでは、高速のタッチタイピングは不可能です。

するとWindowsでもタブレットとキーボードを一緒にした2in1といわれるパソコンが出てきました。Surfaceもこの一種です。

Sufaceの最初の機種では、既存のWindows用アプリが動きませんでした。Windowsストアからダウンロードする専用のアプリだけが動きました。そのため最初のSurfaceは売れず、現在発売されているSurfaceは既存のWindowsアプリも動くモデルだけになっています。

結局、Windowsタブレットは存在意義がなくなり、タッチパネルを搭載したパソコンとなりました。

タブレットには軽いというメリットもあります。しかし、キーボードを付けるとその分重くなります。携帯するためには、軽いほうが良いことに誰も異論がありません。

そこで、軽さをセールスポイントとしているパソコンを一覧にしました。Macも含めて画面サイズの大きいものから並べています。Surfaceの重量にはキーボードの重量も含めています。

ディスプレイ
(インチ)
重量(g)
LAVIE Hybrid ZERO 13.3 779
Surface Pro 3 12 1095
MacBook 12 920
MacBook Air 11.6 1080
Surface 3 10.7 906
Lets note RZ 10.1 745

これを見て分かるように、Surfaceはキーボードを含めると決して軽いパソコンではありません。MacBookが軽いと思っている人も多いですが、一番軽いパソコンはWindowsパソコンです。

パソコンにタッチパネルは必要ありません。ポインティングデバイスがあれば十分です。Microsoftがそれを認めたとき、Microsoftはタッチパネルなしのより軽量なSufaceを出してきます。

それは、他のパソコンメーカーと完全に競合するものです。そしてWindowsタブレットが消え去ることを意味しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ