Apple Watchなどの腕時計型ウェアラブル端末の一番便利な使い方

時計

Apple Watchが発売されました。Apple Watchのような腕時計型ウェアラブル端末は、これまでも発売されていましたが、売れ行きは今ひとつでした。

Apple WatchはAppleファンが買って盛り上がっていますが、真価はファン以外の人にも買ってもらえるかで決まります。

Apple Watchがやっぱり売れないと思う3つの理由』にも書きましたが、私は今回のApple WatchはAppleが期待しているほどには売れないと思います。

Google Glassも失敗しました。Google Glassの失敗の理由は『Google Glass 失敗の理由|不気味さでもプライバシーでもない』にも書いたとおり、Google Glassをかけたまま人に会うことが人に不快感を与えるためだと思います。

そのほかにも、プリズム状にディスプレイが飛び出しているデザインが不気味でかっこ悪いとか、プライバシーの問題などを指摘する人もいます。

Google Glassのような眼鏡型ウェアラブル端末の問題は、コンタクトレンズに埋め込んだウェアラブル端末であれば、そのほとんどが解決できます。

コンタクトレンズ型ウェアラブル端末は、利用者に画像を見せることができます。操作をどこから行うかが課題です。

ここで腕時計型ウェアラブル端末の出番となります。腕時計型ウェアラブル端末から指示を行い、コンタクトレンズ型ウェアラブル端末に表示する。この使い方が、ウェアラブル端末の標準になると思います。

Apple Watchのような腕時計型ウェアラブル端末が広く普及するのは、コンタクトレンズ型ウェアラブル端末が実用化されてからになりそうです。

それまでは、身体のセンサーとしての使い方が、腕時計型ウェアラブルの主流です。どれだけの種類の有用なデータをどれだけ正確に計測できるかが課題です。

測定結果や分析結果はスマホに表示すれば十分です。この段階では腕時計型ウェアラブル端末に高精細なディスプレイは不要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ