WWDC 2015 で見た! 普通の会社になりつつあるApple を。

WWDC2015

AppleはWWDC 2015でさまざまな新製品や新機能を発表しました。しかし、それは他社の後追いのような内容でした。

音楽ストリーミングサービスのApple Musicは、Spotifyとの違いがわかりません。Notesの新機能は、Evernoteでできることばかりです。

Mapには、やっと乗換案内の機能が付きました。まだ、日本の都市はサポート外です。それよりも地図の正確性は大丈夫でしょうか?

Apple Newsでは、どのようなニュースを読ませてくれるのでしょうか? 利用者に合わせたカスタマイズはどの程度されるのでしょうか?

Apple Payが英国でも使えるようになるそうですが、日本ではまったく普及する見込みがありません。

iPadでは1画面で複数のアプリが動くようになります。Windowsでは、パソコンとタブレットで同じOSが動くので当たり前のことです。

Swiftが2.0からOSSになります。自社開発のソフトウェアをOSSにすることは、もはや珍しくありません。

もともとAppleは真に新しいものを製品化したことはありません。初代MacのGUIやマウスは、パロアルト研究所で開発していたものをマネしたものです。

iPod登場よりも前に、各社からMP3プレーヤーが発売されていました。iPhoneの前には各種PDAがありました。

Appleは既存の技術を組み合わせ、優れた使い勝手を、卓越したデザインとともに提供することが得意だったはずです。

今回の発表には、Appleならではの使い勝手もデザインもありません。ほとんどが他社の後追い機能です。

その上、Move to iOSというAndroidからの移行ツールも用意してきました。他社とのユーザーの奪い合いです。それも必要ですが、新規にユーザーを引き付ける新製品も開発してほしいものです。

パソコンもスマホもすでに成熟した製品です。画期的な新機能は望めません。Appleは、パソコンとスマホ以外に手を広げなければ、普通の会社になるしかありません。

ジョブズがいなくなり、Appleは普通の会社になりつつあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ