持ち運べるクルマWalkCarはおもちゃ以上になれるか?

疑問

カバンに入れて持ち運べるクルマWalkCarが発表されました。

WalkCarの素晴らしいところはカバンの中に入る大きさです。車輪のついたMacBookといった感じです。

カバンから取り出し、WalkCarの上に立てば、体重移動で自由な方向に進めます。旋回も自由自在です。台車の荷物を押しながら、坂を登るパワーもあります。

WalkCarの上から降りれば、即座に停止します。そのため、スケートボードよりも安全です。

乗って遊んだら楽しいと思います。子供は大喜びだと思います。

でもそれだけです。実用的な用途でどのように使うのか思い浮かびません。

スピードはそれほど出せないはずです。せいぜい小走り程度の速さです。何の支えもなく上に立つだけですので、それ以上の速度を出したら危険です。

実用的な目的に使うには、ここが一番のネックになります。自分の足よりも速くない乗り物をあえて使うことはありません。

自分の足で歩くことに比べ、疲労は少ないでしょうか?WalkCarの上でバランスをとり、体重移動で曲がらなければなりません。おそらく、疲労の度合いは歩くのとほとんど変わりません。

足の不自由な人には役に立つでしょうか? 狭いWalkCarの上に立つか、座るかしなければならないところがネックになりそうです。

セグウェイを見たときも、遊園地やテーマパーク内の移動に使う乗り物として面白いと思いました。WalkCarも同じです。

入園者に貸し出せば、喜ばれると思います。セグウェイと違って、使わないときにカバンに入れるところは、逆にデメリットになるかもしれません。

価格やバッテリーの持ち時間にもよりますが、セグウェイとスケートボードの市場を少し浸食するだけのような気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ