AppleがiOS9で広告ブロックを導入する理由

広告

もうすぐ登場するiOS9で、コンテンツブロッカーという広告ブロック機能が導入されます。アフィリエーターやネット広告会社が死に絶えるのではないかと、ネット界隈で話題になっています。

コンテンツブロッカーの影響は軽微

多くの人が指摘している通り、広告ブロック機能の影響は軽微なものです。

広告をブロックする機能はすでにあります。最近こんなエントリがありました。

使える「広告ブロック拡張機能」10選 – GIGAZINE

これらの拡張機能は、使っている人は使っています。ただし、かなり詳しい一部の人だけです。

コンテンツブロッカーは、設定のために特定のCSSや特定のファイルを指定しなければなりません。スキルの低い人には難しいと思います。

もともとネット広告のクリック数の88%~98%はボットによるものだとも、言われていました。

ネット広告のクリック数のうち88~98%はボットによるものだと判明 – GIGAZINE

残りの2%~12%が、人間がクリックしているものです。クリックする人は主にネットリテラシーのあまり高くない人たちです。

仮に一部のスキルの高い人がiOS9のsafariにコンテンツブロッカーをインストールし、広告をブロックしたとしても、大勢にはほとんど影響ありません。

コンテンツブロッカー導入の理由

それでは、Appleはなぜコンテンツブロッカーを導入するのでしょうか?

ずばり、safariの速度を上げるためです。

これは感動するレベル。iOS 9の広告ブロック機能でインターネットが4倍速くなる? : ギズモード・ジャパン』によると、広告をブロックすることで表示速度が4倍になります。

広告がたくさん張られた遅いサイトにイライラする人は、コンテンツブロッカーを導入することにより、大幅に表示速度を改善できます。

これまでの広告拡張機能は、Google ChromeかFirefox向けのものでした。今回、Apple自らsafariに広告ブロック機能を導入しました。

safariの高速化は十分Appleの利益となります。

ネット広告で儲けている人は、Appleがネット広告にも進出するのではないかと警戒したようですが、そのようなことはありません。

【関連記事】

クリックの88%~98%がボットでも、ネット広告が成り立っている理由は、次の記事をご覧ください。
クリックの大半がボットでもネット広告には影響ないはず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ