Appleの「iPhone6s / 6s Plus」と「iPad Pro」の発表で考えたこと

iPhone6s

Appleが「iPhone6s / 6s Plus」と「iPad Pro」を発表しました。「Apple Watch」も新しい色を発表し、「Apple TV」もデザインと機能をアップデートしました。

iPhone6s / 6s Plus

私が、iPhone6s / 6s Plus で最も注目したのは、「3D Touch」です。タッチスクリーンがユーザーの押す力を見分け、動作を変えます。

タップ、押す、強く押す、の3段階を見分けます。これによってiPhoneの操作性が変わります。

問題は、いままでの操作との整合性です。人によっては、iPhone6までの機種とiPhone6s / 6s Plusと両方使います。どちらを使っても戸惑うことのないような整合性のある操作性になっているかどうかが気になります。

Appleのことですから、操作性の設計は注意深くされていると思います。どのような操作性になるのか早く試してみたい気持ちになります。

それ以外はハードウェアの性能アップや容量アップ、強度アップです。

それよりは、ドコモ、au、ソフトバンクの日本の3大キャリアがどのような売り方をするかが気になります。

私の予想は、『iPhone6s / 6s Plus の売り方を予想する』に書いた通りです。

SIMロック解除については、ドコモ、au、ソフトバンクの広報部に問い合わせ、iPhone6s / 6s Plusで対応するという回答を得たというエントリがありました。

ドコモ / au / ソフトバンク、iPhone 6s / 6s PlusのSIMロック解除可能に|携帯総合研究所

私の予想どおりでした。

2年縛りとMNP割引は継続されると思います。ただし、2年経過後の解約手数料はなくなると予想します。

また、Apple Watchと同じように予約販売のみとなり、Apple Storeの行列もなくなると思います。

iPad Pro

12.9インチのiPad Pro と一緒にApple Pencilだけでなく、Smart Keyboardも発表されました。ほとんどMicrosoftのSurfaceと同じです。

iPad Proの主な使い方は、『iPad Pro が何に使えるか想像してみた』に書いたように、イラストを書いたり画像を加工したりすることです。

その場合、画面は机の上に直接おいてApple Pencilで描くことになります。Macを別に持っている人が多いですから、Smart Keyboardの出番はあまりありません。

Smart keyboardは、Surfaceと同じようにパソコン的な使い方もできることをアピールするためだけに販売されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ