iPad Pro が何に使えるか想像してみた

疑問

12インチ超の大画面を持つ「iPad Pro」が9月9日のイベントで発表されるのではないかと報じられています。

しかし、大画面のiPad Proは、どのように使われるのでしょうか?

デザイン

デザイナーがイラストを書いたり、画像を加工したりすることが考えられます。

MacでやっていたことをiPad Proでやろうということです。スタイラスペンで画面に直接触れることで操作性が向上します。

Appleは、Macの画面をタッチパネルにするのではなく、iPadを大画面化することを選びました。

画面を机の上に置き、固定させた方が作業をしやすいためです。

大型本のKindle

画像を主なコンテンツとしている大型本のKindleは、固定ページで紙の本のレイアウトをそのままにしているものがたくさんあります。

これをいままでのiPadで見ると、画像が縮小され、文字も小さくなり、読みにくくなります。

大型本をより大きな画面で見るために、iPad Proは使えます。

しかし、Kindle for pcやKindle for Macも日本語で使えるようになり、パソコンであればさらに大きな画面で見られるということはあります。

iPad Proはそれでもパソコンの大型ディスプレイよりは、持ち運びがしやすいとは言えます。

パソコンとして

キーボードをつないでパソコンのように使うという方法もあります。

iOS9からは、画面分割もできると報道されています。

大画面12インチのiPad Proに搭載予定の「iOS9」の機能の一部が明らかに – GIGAZINE

しかし、これならばパソコンを使った方が便利です。iOS9はタッチパネルで使うために最適化されているOSです。キーボードで使うために最適化されていません。

Surfaceの対抗

iPad ProはMicrosoftのSurfaceに対抗して開発されたとも言われています。

しかし、現状のSurfaceは実質的にパソコンです。タッチパネルが使えるのでキーボードをはずしてタブレットとして使うこともできますが、タブレットとして使うときのキラーアプリがありません。

Surface対抗のためにiPadを大画面化しても意味のないことです。

まとめ

iPad Proは、デザイナーがスタイラスペンを使って、イラストを書いたり、画像を加工したりすることで、その真価を発揮できます。

大型本のKindleを見るには便利ですが、パソコンの代わりには緊急避難的に使えるだけです。

iPad Proは特殊用途向けのデバイスと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ