iPad Air ファースト・インプレッション

iPad Air

 iPad Air が届きました。11月1日の朝にApple Store から注文して、2日の午前10時頃届きました。色はシルバー、容量は64GBです。色は、前面がiPhoneと同じ白を選びました。

 容量は、少し迷いましたが、動画をそれほど蓄えることはないと考え、これもiPhoneと同じ64GBとしました。自宅には無線LANの親機があり、外ではiPhone5のテザリングを使うので、Wi-Fiモデルです。

iPad Air 同梱品

 同梱品は、充電用のACアダプタとケーブルだけです。電源を入れるとセットアップがはじまり、Wi-Fi等の設定を終えるとすぐに使えます。Apple ID とiCloudアカウントを設定すると連絡先はiPhoneと同じものがセットされます。

 Apple Storeからは、今回無料化されたiWorkがインストールできます。また、iPhoneで購入したアプリで、iPadでも使えるアプリが一覧表示され、選択することでインストールがはじまります。

 私は、Nexus7の古いモデルを持っていますが、それよりも薄く、重さはそれほど差を感じません。Nexus7は、片手で両側面をつかむことができますが、iPad Airは、私の手ではできません。その代わり、親指を前面から、その他の指を背面から挟んで、片手で持つことができます。親指で前面の端を押さえても反応しないように、ソフトウェアで判断しているようです。

片手で持ったiPad Air

 細かなところで、iPadのほうがNexus7よりも使い勝手の良さを感じます。例えば、起動パスワードを4桁入力するとiPadはすぐに使えます。Nexus7はさらにリターンキーを押さなければなりません。

 起動すると、iPadはアプリのアイコンが並んだ画面になります。Nexus7はマイライブラリの大きなアイコンが表示され、その他のアイコンは7つしか表示されません。画面全体にアイコンが表示された画面を表示するには、もうワンタップ必要です。

 Nexus7では、Google ChromeでFacebookを見ても、パソコンと同じ画面が表示できません。Facebookアプリと同じ画面になってしまいます。そのため、パソコンと同じことができません。iPadでは、パソコンと同じ画面を見ることができます。

 少し使ったところ以上のようなことに気づきました。これからも、iPad Airを使って気づいたことを発信していく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ