ティム・クックの矛盾にAppleの落日を見た

iPad_Pro

Appleのティム・クックが矛盾した発言をしています。

ひとつは『Apple’s Tim Cook declares the end of the PC and hints at new medical product – Telegraph』です。

iPad Pro がPCに取って代わると言っています。

もう一つは、『Apple’s Tim Cook: No-one Wants An iPad-Mac Hybrid | TechCrunch』です。

「iPadとMacのミックス製品など誰も欲しがらない」とiPadとMacの統合を否定しています。

iPadとMacを統合しない限り、iPad ProがPCに取って代わることはありえません。

MicrosoftはSurface Bookなどタブレットとパソコンのハイブリッド製品を発表しています。スマホ、タブレット、パソコンで同じWindows 10が動きます。

AppleはMacとiPadやiPhoneで、OSが異なります。

スマホは電話ができて携帯性が必要です。タブレットは主に画面を見るものです。パソコンはキーボードで大量の文字を入力するために必要です。いずれも画面は大きいほど見やすくなりますが、持ち運びには不便になります。

タブレットのソフトウェアキーボードでは、タッチタイピングが困難です。タブレットとパソコンの本質的な違いは、ハードウェアキーボードがあるかどうかです。

パソコンとタブレットでは、必要とされるアプリが違います。

パソコンはこれまで使われた歴史が長いため、さまざまなアプリが動きます。過去からの互換性が必要です。

Windowsは多くの企業でさまざまな使われ方をしています。Macは主にデザイナーやクリエイターに使われています。

iPad ProがMacに取って代わるには、同じOSを動かしてMacのソフトウェア資産を引き継げるようにしなければなりません。

iPad ProがWindowsパソコンに取って代わるのは、仮想マシンとしてWindowsを動かさない限り無理です。仮想マシンでWindowsを動かし、信頼性と価格性能比でWindowsパソコンを上回れば、取って代われるかもしれません。

どのように考えても、現在のiPad ProがPCに取って代わることなど考えられません。根拠のないセールストークです。

iPad Proの強みは、デザイナーがApple Pencilを使って大画面で直接イラストなどを描けることです。Kindleで大型本を見るにも便利そうですが、価格を考えると、そのためだけに買うのはためらいます。

iPad Proにとって、キーボードは蛇足です。

「iPad ProがPCを置き換える」という発言は、AppleのCEOとして、製品のターゲットをきちんと考えていないのではないかと思わせます。

製品のターゲットはマーケティングの基本です。そこができていないとは、Appleの将来が不安になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ