iPad ProとSurfaceの間の深い谷

iPad_Pro

iPad Proが発表され、MicrosoftのSurface対抗機種だという意見も見受けられます。しかし、iPad ProはSurfaceとは根本的に異なります。

iPad Pro

iPad Pro はデザイナーやクリエイターが、イラストを書いたり、画像を加工したりする道具です。

Apple Pencilはそのために最適化されています。

Smart Keyboardは蛇足です。

iOS9から画面分割ができるといっても、Macと同じようには使えません。iPadとMacと共通で動くアプリもたくさんありますが、ブラウザの拡張機能などが異なります。

MacBookの代わりに、iPad ProをSmart Keyboardと一緒に持ち歩き、ノマドをする人はいません。

Surface

Surfaceはパソコンです。キーボードを取り外し、タブレットとして使うこともできます。

デスクトップパソコンとOSも同じであり、まったく同じことができます。Surfaceをノートパソコンとして持ち歩いている人も珍しくありません。

まとめ

iPad Proをパソコンとして使う人はいません。Surfaceはパソコンそのものです。そこが根本的に違うところです。

AppleはタブレットとパソコンでOSを別にしています。Microsoftは同じOSを採用しています。

Windows 8や8.1では、タブレットとパソコンのOSの統合に失敗しましたが、Windows 10ではうまくいきそうです。

AppleもMac OSとiOSを統合するのではないという話もあります。私はしないと予想しています。

Mac OSもiOSも多くのアプリがあります。既存のアプリを新しい統合環境ですべて動かすことは極めて困難です。

ひとつのハードウェアで、Mac OSを立ち上げたり、iOSを立ち上げたり、OSの切替を可能にすることはできると思いますが、そこに市場があるとは思えません。

パソコンとタブレットやスマホと、同じOSを動かした方がいいのか、別のOSの方がいいのか、その結論は数年後に分かると思います。

【関連記事】

iPad Pro が何に使えるか想像してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ