LINEの会話画面を他人が入手する可能性

LINE

LINEの会話画面を他人が入手する可能性について、LINEが公式見解を発表しました。

第三者によるLINEアカウントへのアクセス可能性に関する当社の見解について – LINE Corporation

可能性はいくつかあります。

データ移行の仕組みを使う

iPhoneを買い替えたときの古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを移行する仕組みを使えば、2台のiPhoneで同時に同じアカウントの会話画面を見ることができます。

詳しいやり方は、次のサイトに書いてあります。

LINEを2台のiPhoneで同時に使う方法まとめ – GIGAZINE

これを行うためには、2台のiPhoneとパソコンのiTunesを使うためのアカウントやパスワードを保有していなければなりません。

パソコンやタブレットを使う

パソコンやタブレットから、メールアドレスとパスワードを入手してLINEにログインするときは、PINコードをスマホのLINEで入力しなければなりません。

仮に、知らないところでこれをやられたとしても、スマホが手元にあれば気づかないことはないはずです。他のデバイスからログインするときに、スマホのLINEに通知が届きます。

スマホを使われる

スマホを他人に使われ、スマホもロックされておらず、LINEもパスコードロックされていなければ、LINEの内容を見られてしまいます。

NSAの仕業

米国家安全保障局(National Security Agency, NSA)は、世界中の固定電話、携帯電話、ファックス、電子メール、データ通信を傍受しているとも言われています。

NSAであれば、特定の人のLINEの会話を再現できるかもしれません。

まとめ

スマホのロックやLINEのパスコードなどをきちんと管理していれば、簡単にはLINEの会話画面を他人に見られることはありません。

いずれにしても、他人のLINEの会話画面を見ることは、電気通信事業法の通信の秘密を侵すことになるはずです。

【関連記事】

LINEのやりとりはすべて盗聴されている?

LINE乗っ取り3つの不思議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ