新しい仮想通貨「Zcash」は「Bitcoin(ビットコイン)」の代わりになるか?

コイン

新しい仮想通貨「Zcash」が話題になっています。

Bitcoinの代わりとして注目を集める追跡不能の仮想通貨「Zcash」とは? – GIGAZINE

仮想通貨はこれまで、Bitcoin(ビットコイン)が有名でした。

しかし、Bitcoinはすべての取引を公開しています。公開することで不正がないことを証明しています。個別の取引が誰と誰の取引であるかはわかりません。しかし、取引の順序と金額はわかります。

新しい仮想通貨「Zcash」は、そこをわからなくしています。

Bitcoin(ビットコイン)の長所と短所

ここで、Bitcoinの長所と短所をまとめておきます。

Bitcoinの長所

Bitcoinの長所は、匿名性と取引手数料が安いことです。

Bitcoinの取引は誰と誰の取引かわかりません。

Bitcoinの取引手数料は格安になっています。ある条件を満たせば無料になります。大量の少額取引を一度に行うネットワークへの攻撃を避けるため、少額なほど高くなっています。

Bitcoinの短所

Bitcoinの短所は誰も価値を保証していないことです。

通常の貨幣は国が価値を保証しています。Bitcoinにはそれがありません。実貨幣との交換を皆が拒否したら、ある日突然無価値になる可能性もあります。

Bitcoinは「採掘」と言われるコンピュータの計算処理で作ります。最初は楽でしたが、今では「採掘」するよりもコンピュータの電気代のほうが高くなると言われています。

そのため、最初に採掘した人ほどたくさんのBitcoinを持つことになります。これは不公平と言えます。

Bitcoinの取引が行われると、コンピュータの認証が必要です。認証に使われるコンピュータの処理量はだんだん大きくなり、膨大なものになります。Bitcoinはコンピュータ資源を浪費します。

取引の順序と金額が公開されていることを短所と考える人もいます。

Bitcoinの取引は、薬物などの非合法な取引で使われることが多いと言われています。違法取引を行う人にとっては、取引の順序と金額が公開されていることは大きなリスクとなります。

Zcashの長所と短所

Bitcoinと比較して、Zcashの長所と短所は次のとおりです。

Zcashの長所

Zcashの長所は、Bitcoinで公開されていた取引の履歴が非公開になったことです。

Zcashの短所

Zcashは、サービス開始時は11%、最終的にも1%の決済手数料を徴収するとなっています。取引手数料でBitcoinと大きな差があります。

その仕組みも「ゼロ知識証明」という技術を使うということですが、よくわかりません。Bitcoinのブロックチェーンぐらいには、わかりやすい説明が必要です。

運営する会社が存在することも不安です。運営する会社がなくなれば、Zcashもなくなります。

Bitcoinには運営する会社はありません。世界中に分散したコンピュータネットワークで動きます。

おわりに

ZcashはBitcoinの短所を無くした代わりに、長所も失いました。ただ単に匿名の取引ができるというだけです。

BitcoinもZcashも、主要な利用者は違法取引を行う人たちになりそうです。そのようなものが広く普及することには疑問を感じます。

【関連記事】

ビットコインについてのわかりやすい説明

ビットコインが貨幣として不適切な点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ