フォトリーディング・フォローアップ講座の感想

 11月26日(土)フォトリーディング・フォローアップ講座を受講しました。講師は神田昌典さんと勝間和代さんです。フォローアップ講座を受講しようと思ったのは、この二人の方にどのような講座をやっていただけるのかという期待感からでした。

 「フォトリーディングは常にやらなければならないというものではない。」これが、この講座の一番の収穫でした。フォトリーディングが一番役に立つ局面は、例えば、明日あることについてプレゼンをしなければならないが、参考文献が5冊ほどあり、読んでおかなければならないようなときです。フォトリーディング以外では間に合わず、限られた時間内で、参考文献の内容をできるだけ理解しなければならないようなときにその真価を発揮します。

 15分で活性化を行い、発表するという演習もあり、自分がこれまでに行ってきたフォトリーディングのやり方が間違っていなかったことを確認できた一日でした。

 なお、新しい方法としてフォトフリッピングとエナジーリーディングというものを学びました。フォトフリッピングは、本をザーッとめくりフォトリーディングよりも高速に読む方法です。本の綴じ目がダブって見えるブリップ・ページが見え、さらに色が見えてくることもあるということです。私には、ブリップ・ページは見えましたが、色は本の紙の色以外は見えてきませんでした。その後、本の上に手をかざし、本の内容を感じ取るエナジーリーディングも行いました。本に対する質問の回答が含まれているページが頭に浮かび上がってくるそうですが、私には偶然の確率以上に、質問の回答に関するページが浮かびあがってくるようなことはありませんでした。このあたりは、神田昌典さんについていけていない点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ