自分の才能を見つける10の方法

ガーベラ

 スティーブン・R・コヴィーの『第8の習慣』にあるボイスを見つけようとするとき、またブログを書こうとして何を中心テーマとするか悩んだとき、自分の才能がどこにあるのか知りたくなります。

 しかし、自分が得意なことというものは、当たり前にできるので、他の人から見て優れていることでも自分ではなかなか気づかないということがあります。そんなときに、自分の才能を見つける方法を紹介します。

 次の質問を自分に問いかけてください。答えはすべて紙に書き出してください。

1.あなたの夢は何ですか?

 あなたが実現したいと思っている夢がありますか?もし無ければ、子供の時の夢は何でしたか?

2.あなたが譲れないことは何ですか?

 あなたにはこれだけは譲れないというものがありますか?あるとすれば、それは何ですか?

3.あなたの敵は何ですか?

 あなたが敵と考えるものはありますか?それは、何で、なぜ敵なのですか?

4.あなたの専門は何ですか?

 あなたが学生であれば、何を専攻していますか?働いていれば、何の仕事をしていますか?

5.あなたが、大切にしているものは何ですか?

 あなたが人生で大切だと思うものは何ですか?また、子供の時は何を大切にしていましたか?

6.あなたが人より優れていることは何ですか?

 子供の時から考えて、あなたが人よりも優れていたことは何ですか?

7.あなたは人に何ができますか?

 あなたが他の人のためにできることには、何がありますか?

8.あなたが他の人と違っているところはどこですか?

 子供の時からあなたには人と違うことはありませんでしたか?あるとすればそれは何ですか?

9.あなたの実績は何ですか?

 子供の時から現在まで、あなたがこれまでにやり遂げたことは何がありますか?

10.あなたが好きなことは何ですか?

 子供の時に時間を忘れるほど熱中したことはありませんか?今、熱中していることはありますか?

まとめ

 全部で100以上の答えが書き出せるまで考えてください。その中から3つあなたを表す言葉を選んでください。その3つの言葉を組み合わせたもの、それがあなたの才能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ