なりたい自分になる5つの方法

寒緋桜

 自分を変えようと思い、行動を変えようとしてもなかなか思うようになりません。それでも、このブログを書き始めてそろそろ2年、毎日更新し始めてからでも1年以上になります。

 その他にも、英語のシャドウイング等の練習をほぼ毎日始めてから10年以上、ストレッチ体操を毎朝始めてから20年以上になります。

 なぜ、そんなに続くのか自分で分析してみます。

1.時間を確保する

 何をするにもそれなりの時間がかかります。1日24時間は誰でも同じです。その中で、自分の人生における重要度から考えて、何にどれだけの時間をかけるかを決めます。

 そのためには、やらないこと、やめることを決める必要があります。私の場合ですと、テレビはほとんど見ません。ゴルフを10年近く週1回程度、練習していた時期がありましたが、やめました。テニスも10年近く週1回程度練習していましたが、やめました。

2.同じ時間にやる

 続けることの障害のひとつに、うっかり忘れるということがあります。忘れないためには、毎日のルーチンの中に組み込むことです。私の場合ですと、朝起きたら、英語のシャドウイング等をやって、それからストレッチをやって、その後朝食を食べるといった具合です。特にツールなどを使わなくても、毎日同じ順序で同じことをやっている分には忘れません。

3.進歩を感じる

 シャドウイングなどはやるだけ進歩を実感できます。ストレッチも少しずつですが、体が柔らかくなっているのがわかります。ブログは、アクセス数が延びていきます。自分でいろいろと工夫して、その効果が見えることが励みになります。

4.記録をとる

 英語のシャドウイング等は数年前から記録をとるようにしました。何月何日に何分何をしたかをExcelに記録しています。そうすると後から見て、これだけやったんだという気分になれます。ブログは、書くことそのものが記録になります。

5.はじめは少しずつ始める

 ストレッチは、最初のころは毎日1分程度でした。現在は、メニューを増やして10分程度になっています。ブログも最初は、月に2回ぐらいしか書いていませんでした。それをだんだんと増やし、毎日書くようになりました。

まとめ

 自分の人生で何をするかを考え、重要なことから時間を割り振り、できないことは、思い切ってやめることです。いろいろなことに手をだして、すべて中途半端になってしまうのではなく、自分が重要だと思うことをきちんとできるように、時間を割り振ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ