良い組織がダメな組織に変わるとき

コデマリ

 顕著な成果をあげていた組織が、いつしかまったくダメになる場合があります。なぜそうなるか考える前に、良い組織とダメな組織とどのように違うか見てみましょう。

1.良い組織

(1)協力しあう

 組織の目的の実現を目指してメンバーがお互いに協力し合います。素晴らしいアイデアが浮かぶのは、その分野のエキスパートが話をしながら、アイデアを交換している時です。お互いに不得手な部分は教えあい、一人では決してできない成果を達成します。

(2)活気がある

 同じ目的に向かって、各メンバーが切磋琢磨しますからそのチームには活気があります。皆が情熱を持ち、仕事場には笑いがあります。

2.ダメな組織

(1)足を引っ張り合う

 組織の目的は一応ありますが、評価は個人の目標達成度で決まります。個人の目標が、ゼロサムとなる目標では最悪です。たとえば、全体の金額が決まっていて、AさんとBさんで、それを取り合うというような状況です。AさんとBさんの足の引っ張り合いがおきます。

(2)ギスギスする

 人の目もあり、表立って他人の足を引っ張れません。裏で足を引っ張り合うことになり、組織がギスギスしてきます。その結果、疑心暗鬼となり、ウツになる人もでてきます。

まとめ

 この良い組織をダメな組織に変えるきっかけとなるのは、成果主義です。個人個人の業績を曖昧な基準で評価し、昇進や昇給に大きな差をつけるとてきめんに変わります。

 この問題を解決する方法はないのかもしれません。完全に年齢や勤務年数だけで評価すると、優秀な人のモチベーションが下がります。

 問題は、評価の妥当性をどう高めるかです。部下も上司を評価し、隣の組織の同僚も評価する360度評価は、慣れ合いを招きます。

 長い時間をかけて総合的に評価するしかありません。日本の年功序列といわれる組織でも、長い時間をかけて評価が決まっていきました。もしかしたら、それが最善の評価方法なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ