Facebookで「友達」から友達リクエストが来たら、なりすましを疑いましょう

鬼瓦

最近のFacebookの架空アカウントは、若い女性の写真を使ったものがはやりかと思っていましたら、実在のアカウントをそのままコピーしたものも増えているようです。本人の写真をそのまま流用し、まったく同じ名前で、プロフィールも同じ内容を設定しています。

その上で、本人のFacebook友達に友達リクエストを送っているようです。友達リクエストを受け取った人は、おかしいと思いながらも、承認する人もいます。Facebookのバグか何かで、「友達」がはずれ、再度、友達リクエストを送るということも考えられます。

なりすましアカウントを作られることを防ぐことはできません。友達リストを「友達」だけの公開にすることはできますが、タイムラインでやりとりしている人に友達リクエストを送られることは防げません。

タイムラインを「友達」以外に公開しないこともできますが、そうすると「友達」以外の人からは自分のタイムラインが見えず、自分が架空アカウントと区別がつきにくくなってしまいます。

見つけしだいFacebookに対して、なりすましアカウントだと報告するしかありません。しかし、ある程度「友達」ができてしまうとFacebookとしても削除しないようです。

なりすましアカウントの「友達」になっている人に、ひとりずつメッセージを送り、自分が本物で、相手は偽物なので「友達」を解除するとともに、なりすましアカウントとして報告するように依頼するしかなさそうです。

なりすましアカウントはどのように報告すればよいですか。 | Facebookヘルプセンター

むしろ、「友達」から友達リクエストが来た時にきちんと確認し、なりすましアカウントであれば本人に知らせると共に、なりすましアカウントとしてFacebookに報告することを広めたほうがいいと思います。

なりすましアカウントと「友達」になってしまうと、不都合が発生する可能性があります。

一時期、アカウントを乗っ取られるという話もありましたが、Facebook側で修正したようです。

一番の問題は、「友達」だけに公開している情報がもれてしまうことかもしれません。メールアドレスを「友達」に公開していると、大量のスパムメールが届くようになります。

乗っ取りができなくなったとしても、他人の名を語って反社会的な言動をする可能性があります。「友達」から友達リクエストが来たら、なりすましでないか確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ