「母さん助けて詐欺」を防ぐ方法

振り込め詐欺

 オレオレ詐欺とか振り込め詐欺とか言われましたが、警視庁では「母さん助けて詐欺」と名付けたそうです。この「母さん助けて詐欺」を防ぐ方法を考えてみました。

 「母さん助けて詐欺」は、息子や孫などの身内のふりをして電話をかけ、お金をだまし取る詐欺です。電話では、最初はいつもと声が違うと思っても、話を聞いているうちに本当だと思ってしまう人が多いようです。

 被害者は、「母さん助けて詐欺」についてニュースなどで知っていても、まさか自分の家にかかってくるとは思っていません。過去に何度か見破っていても、引っかかってしまった人もいます。

 「母さん助けて詐欺」に引っかからないために、合い言葉を決めておくという手もありますが、忘れてしまう場合もあり、決めてない人からかかってくることも考えられます。そこで、本人かどうかを見分ける方法を考えてみました。

1.子供の時の話

 子供の時によく遊んでいた友達の名前や場所を聞いてみます。

2.趣味の話

 特に熱心にやっている趣味があれば、趣味に関して聞く手があります。

3.母親の旧姓

 パスワードを思い出すヒントのキーとしてもよく使われますが、母親の旧姓も本人であれば知っていて、犯人は知らない可能性が高いものです。

4.家族の話

 本人に特徴的なことがなければ、家族について聞くこともできます。

5.カマをかける

 逆にカマをかけるという手もあります。質問に相手が正しく答えたとしても怪しい時に有効です。

まとめ

 こちらが怪しんでいるとわかれば、黙って切ることが多いようです。金をくれというすべての電話を疑ってかかるべきですが、実際には難しいのかもしれません。

 相手の話を聞いているうちに巻き込まれてしまうようなので、その前に確認することが大切です。

 普通でない電話がかかってきたら、まず詐欺ではないかと疑ってみることです。それが難しければ、家族で時々ニセ電話をかけて注意しあうということも有効です。

 避難訓練をやるように、ときどき電話をかけて「母さん助けて詐欺」のふりをして慌てないようにしておけば、上記の方法で本人かどうかを確認することができ、被害を防ぐことができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ