フォロワー数はTwitterの影響力の指標にあらず

スマホを操作する

興味深いデータが流れてきました。

ツイッター、アカウントの44%はツイート歴ゼロ – WSJ.com

ツイッターのアカウントをモニタリングしているウェブサイト「Twopcharts」によると、ツイッターアカウントを持つ9億7400万人のうち、44%はツイートを投稿したことがないという。

 ツイッターによると、2013年10~12月の月間アクティブユーザーは2億4100万人。ツイッターはアクティブユーザーの定義について、1カ月に1回以上ログインした利用者としている。月間アクティブユーザーとみなされるためにツイートする必要はない。

約10億のTwitterアカウントのうち、44%のアカウントは一度もツイートしていないという話です。ちなみに1ヶ月に1回以上ログインしたアカウントは、2億4100万だそうです。

一度もツイートしていないアカウントの正体

4億以上の一度もツイートしていないアカウントはどうしたのでしょうか。

情報収集専用に使っているとも考えられます。はじめてのツイートをなかなかできないシャイな人もいるかもしれません。

しかし、フォロワーを増やすために使われたアカウントと考えるのが自然です。

Twitterのアカウントはメールアドレスさえあれば作れます。アカウントを作成し、自分の代表アカウントをフォローすれば、代表アカウントのフォロワーが増えます。

もちろん、自分でやる必要もなく、アルバイトを雇ってやらせることができます。画像が初期状態のフォロワーがたくさんいる人もいます。

このようにして増やしたフォロワーは、フォロワーの数を誇る以外には、何の役にも立ちません。

その他のフォロワーの増やし方

さらにTwitterには、フォロワーを増やすよく知られた方法があります。Twitterでは、フォローしたアカウントの一定割合がフォロー返しをしてくれます。

フォロー返しを期待して、フォローを増やしている人がいます。

2000人以上のフォローは、それなりのフォロワーがいないとできないようになっています。そのため、一定期間フォロー返しをされないとフォローを解除して、別の人をフォローします。

この動きを自動的に行うプログラムも販売されています。フォローとフォロー解除をあまり頻繁にあるいは大量に行うとペナルティを受けます。プログラムは、そのあたりもうまくやってくれるそうです。

フォロー返しをしてくれた人も、どれだけこちらのツイートを読んでくれるかわかりません。

フォローの数が増えるとタイムラインの流れが速くなります。とても全部は読めません。するとツイートを読みたい人をリストに登録し、リストだけを見るようになってきます。

フォローしている人のツイートを見ているとは限りません。

Twitterの真の影響力

2億4100万のアクティブユーザー以外のアカウントは、まったく使われていないか、もう使わなくなってしまったアカウントです。

Twitterでの影響力を図る指標で必要なものは、2億4100万のアクティブユーザーのうち、何人がツイートを見てくれたかです。

自分のツイートを見てもらうには、やはり見てもらう価値のあるツイートをする必要があります。

リアルの世界でよく知っている人でリストに登録してあっても、意味のないツイートばかりでは、あえて見ようとは思いません。

リストに登録されればツイートを見てもらえる機会は増えますが、リストを作ってもほとんど見ないリストもあります。

リンクをクリックされた件数、リツイートされた件数、ツイートを「お気に入り」に入れてくれた件数などで、見てもらえた件数を推測するしかないのかもしれません。

フォロワー数は他の人の数字もわかり、話題にもなりますが、少なくとも重要な指標ではないと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ