ネットで見つけたブログネタをEvernoteに保存する方法

 ネットで見つけた、ピンときた情報をどのようにEvernoteに保存するかを整理します。

1.PCのブラウザから

 ブラウザで閲覧しているときであれば、保存したい部分を選択して直接Evernoteに保存できます。「Webクリッパー」と呼ばれる機能拡張が必要です。Firefoxであればアドオンを、Chromeであればエクステンションをインストールすることで可能になります。これらはEvernoteのダウンロードページからインストールできます。インストールするとゾウのアイコンのボタンがツールバー上に表示されます。プレミアムユーザであれば、ページ全体を保存できますが、そうでなければ、ブラウザ内で必要な部分を選択して、ゾウのアイコンのボタンを押すと選択した部分が保存されます。

2.iPhoneのSafari

 閲覧中のURLをコピーしてEvernoteに貼り付けます。そうすると、Evernote内蔵のブラウザで見られます。

 手動でも可能ですが、次のサイトの方法で、ブックマークを選択することでできるようになります。

iPhoneでもEvernoteのWebClip
http://matatabi2.wordpress.com/2009/07/18/iphone%E3%81%A7%E3%82%82evernote%E3%81%AEwebclip/

3.はてなブックマーク(iPhoneアプリ)

 「Safariで開く」を選択して、Safariから上記の方法を使います。

はてなブックマーク /株式会社はてな

¥0

4.Togetter(iPhoneアプリ)

 必要な部分を選択し、コピーしてからEvernoteに貼り付けるしかないようです。

togetter /labolo

¥0

5.2chまとめサイトビューア(iPhoneアプリ)

 「Safariで開く」を選択して、Safariから上記の方法を使います。

2chまとめサイトビューア – MT2 /Trysail Inc.

¥170

6.Twitter(iPhoneアプリ)

 「メールで送信」で「Evernoteのメールアドレス」に送信します。

 「Evernoteのメールアドレス」は、Evernote(iPhoneアプリ)で「設定」の「Evernoteのメールアドレス」からiPhoneの「連絡先」に登録できます。

Twitter /Twitter, Inc.

¥0

7.Byline(iPhoneアプリ)

 RSSリーダです。

 「メールで送る」で「Evernoteのメールアドレス」に送信します。

Byline (Universal) /Phantom Fish

¥0

8.ITmedia(iPhoneアプリ)

 「Evernoteに保存」を選択し、直接記録できます。

ITmedia /MediaProbe Inc.

¥0

9.Instapaper(iPhoneアプリ)

 Webページを保存して後から読めるiPhoneアプリです。

 「Open in Safari」を選択して、Safariから上記の方法を使います。

Instapaper /Marco Arment

¥450

 そのほかのiPhoneアプリでも「メールで送信」か「Safariで開く」ことができれば、同様にEvernoteに記録できます。

(追記)

 上記では、InstapaperからEvernoteへの連携は、Safariを経由してと書きましたが、InstapaperのShareからEmail Linkを選択することによりメール送信できることに気づきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ