ブログの固定読者を増やすコツ

ブログ

立花岳志さん(@ttachi)のNo Second Life セミナーに参加しました。立花岳志さんは、ブログ「No Second Life」を主宰している人気ブロガーです。

テーマは、「情報発信・ブランディング講座」でした。

ゲスト講師として、jMatsuzakiさん(@jMatsuzaki)が登壇しました。jMatsuzakiさんは、ブログ「jMatsuzaki」を主宰しています。

セミナーでの最大の気づきは「ブログはドキュメンタリー」ということでした。これが、ブログの固定読者を増やすコツです。

立花さんから、まず、「好きなことを得意にしていくプロセスをブログに書く」という話がありました。ブログを書き始めたときに誰もが悩むことは、何を書くかです。

その回答のひとつが、「好きなことを得意にしていくプロセスをブログに書く」ということです。

好きなことに関する本を読み、その感想をブログに書きます。本に書いてあることを実践し、その過程もブログに書きます。何度もチャレンジを繰り返し、それが得意に変わったならば、自分のノウハウとしてブログに書きます。

jMatsuzakiさんは、それを「うまく書くより熱く書け」と、「ドキュメンタリー」と表現しました。自分の挑戦・体験・発見のプロセスがドキュメンタリーになります。人を説得するよりも自ら模範を示すことです。

それが、ブログのテーマにもつながります。立花さんのブログのテーマは「人生は一度だけ。二度目の人生はない。だからこそ一度だけの人生をしっかり生きたい。」です。jMatsuzakiさんのブログのテーマは「システム屋から音楽家へ!」です。

お二人のブログには、テーマから外れた記事はありません。立花さんは、IT・書評・ライフハックなどを含んだ総合ブログをうたっていますが、「人生は一度だけ。二度目の人生はない。だからこそ一度だけの人生をしっかり生きたい。」というテーマからは、外れていないわけです。

このテーマに沿ったドキュメンタリーこそが、固定読者をつかむコツになります。挑戦・体験・発見の過程が読者を引きつけ、ファンを増やします。努力する人は応援したくなり、状況を知りたくなります。それを知るために、ブログに訪れます。

私のブログもシニア世代のIT活用をテーマとして書いています。しかし、そこにはドキュメンタリーの要素が不足しています。

今回のセミナーをきっかけに、このブログを挑戦・体験・発見のプロセスを熱く書くドキュメンタリーにしようと決心しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ