無料ブログの危険性

 既に解決されたようですが、FC2ブログで、Googleにインデックスされないということが話題になっていました。アメブロでは、商用利用を禁止するということが規約に記載されています。無料ブログは、ブログサービス会社から大きな影響を受けます。

 極端な話、ブログサービスを突然中止されたらどうしようもありません。FC2ブログでは、データのアーカイブをきちんと採ってあれば、それからブログ記事を復旧することはできます。しかし、アメブロではデータのアーカイブを採る手段さえ提供されていません。自分で1記事ずつブログ記事を保存しておくぐらいしかありません。

 記事の復旧ができたとしても、新しいブログでは、URLが変わります。それまでに集めていたアクセスはすべて失われます。そういうリスクがあることを承知の上で、無料ブログを使う必要があります。

 このブログは、以前アメブロで書いていました。アメブロは、読者登録、ペタといった仕組みで、はじめたばかりでも比較的簡単にアクセスを増やすことができます。

 他の人のブログに読者登録をすると、そのブログの作者にも、こちらのブログを見に来てもらえることがあります。さらに、読者登録をしてもらえることもあります。読者登録してもらったブログを更新すると、相手の基本画面にその旨が表示されます。

 相手のブログにペタを残すことにより、相手のブログにアクセスしたという証拠になります。ペタしたブログの作者には、こちらのブログを見に来てくれる人もいます。そのため、他の人のブログにペタをつけてまわるプログラムもあるようです。

 読者登録をしてまわるプログラムもあるようですが、これを行うと不正な読者登録として、アメブロから削除されてしまうようです。実際、私のブログに読者登録した人が、その直後に消えて、アメブロから不正な読者登録があったので削除した旨の連絡が来たことがありました。

 このようにアメブロには、アクセスを増やす独自の仕組みがありますが、アメブロが計測するアクセス数は、Google AnalyticsやNinjaツールが計測するアクセス数の3~5倍となっていました。ロボットのクロールもカウントしているためだという説もありましたが、よくわかりません。

 結局、私は、アメブロに生殺与奪の権を握られているのがいやで、レンタルサーバーを借り、WordPressで独自ドメインのブログを作りました。

 アメブロからこのブログに移行するに当たり、アメブロの記事はすべて削除しました。削除しないとGoogleから重複コンテンツとみなされて、Googleからのアクセスがなくなります。

 私がこのことに気付いたのは、アメブロ時代にアクセスが減ったことがあったためです。このときは、Googleで自分のブログの記事が検索されるようなキーワードで検索すると、アメブロとは別の自分の記事が見つかったことで気付きました。feemlのメーリングリストを使うときに、自分のブログのコピーを作る指定をしてしまったようです。feeml内のコピーを削除すると、数週間でアクセスは戻りました。そのときのことは、次の記事に書いています。

Googleから一時的に検索できなくなりました

 このことがあり、重複コンテンツがあるとGoogleからのアクセスが来なくなることを知っていたため、アメブロからWordPressに移行後すぐに、アメブロの記事を削除しました。

 削除する前に、アメブロからこのブログにリダイレクトできないかを試してみましたが、アメブロはリダイレクトのコードを受け付けませんでした。また、記事をアメンバー限定という登録した読者しか読めないものにすることも試してみましたが、Googleへの影響が不明のため、削除することにしました。このあたりのことは、次の記事に書きました。

アメブロからWordPressへの移行手順

 記事をすべて削除したアメブロには、このブログのリンクだけを残しました。また、アメブロでついてくれた読者のために、このブログに投稿した記事のリンクをアメブロにも残すようにしています。

 ブログは、その記事と記事を投稿してきた時間で集まってきたアクセスが大切です。無料ブログを移行した場合は、それを完全に引き継ぐことはできません。ブログを長期的に続けるつもりの人は、一刻も早く、独自ドメインのブログに移行することをお薦めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ