iPhone SEでAppleは普通の会社になった

Apple

iPhone SEと新しいiPad Proが発表されました。

発表の内容

iPhone SEは、大きさはiPhone 5sで中身はiPhone 6sです。しかし、3D Touchは使えず、128GBのモデルもありません。

iPad Proは、以前のiPadと同じ大きさのものも作りました。

色はいずれも、ローズゴールド、スペースグレー、ゴールド、シルバーの4色をそろえました。

Apple Watchは安くして、新しいバンドも用意しました。

Appleの普通の会社化

かつてのAppleは製品の種類を絞ることで高い収益をあげていました。スティーブン・ジョブズがAppleに戻り最初にやったことが、製品の種類を整理したことでした。

ジョブズがいなくなったAppleは、また着々と普通の会社への道を歩んでいます。

製品が売れなくなってきたため、製品のバラエティを増やしました。原価率は間違いなく上がります。

Apple Watchに至っては、値下げというやってはならないことに手を付けてしまいました。

これからは、Appleが新製品を出しても、しばらく待てば安くなると思われます。新製品に飛びつく人は確実に減ります。

iPhoneのような製品は、もうAppleから生まれることはないでしょう。

ジョブズは、既存の技術をまとめ上げ、みんなが欲しがる製品を作り上げました。そのデザインは卓越したものでした。

iPod nanoは、私が久々に買ったApple製品でした。iPhoneが発売されたときは、久しぶりにワクワクしました。

Apple Storeから、さまざまなiPhoneアプリをダウンロードできることは、パソコンの黎明期に多数のフリーソフトをダウンロードして遊んだことを思い出させました。

また代わり映えの無い新製品が発売される時代に戻りそうです。しばらくApple製品を買うこともなくなりそうな予感がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ