定年 | ページ 4 | 定年起業のためのウェブコンサルティング

定年一覧

老害で経営が傾くことを防ぐ方法

経営と株式の所有が分離されていれば、経営者の能力に陰りが見えると、経営者は交代させられます。問題となるのは、経営と所有が分離されていない会社やオーナー企業の経営者です。そのような会社で老害の生まれる仕組みと防ぎ方について考えてみます。

老害シニア防止対策

年金受給年齢の引き上げに伴い、企業には希望者全員に対し年金支給開始年齢まで雇用延長が義務付けられています。しかし、多くの企業が採用している役職定年制や雇用延長制度では、若いときと同じように働けるわけではありません。待遇や給与が大幅に下がることもあります。そこで問題になってきているのは、老害シニアです。

起業の教科書『片桐実央の実践! ゆる起業』

60歳以上の起業が増えています。『片桐実央の実践! ゆる起業』は、シニア起業する人が必要とする情報をコンパクトにまとめた起業の教科書です。書かれていることはシニア起業だけに当てはまることではありません。シニアだけでなく、起業を考えている人全員に役立ちます。ここでは、その導入部を紹介します。

「60歳新入社員」の働き方

雇用延長、定年後の再雇用、再就職などで60歳を過ぎても働く人が増えてきます。『「60歳新入社員」がやってくる:日経ビジネスオンライン』の記事には、そんな人たちを部下として扱うときの注意点が書かれています。60歳を過ぎてからの働き方にはいろいろなパターンがあります。ここでは、その働き方について考えてみます。

中高年の新しい職場はまだまだあります

会社が倒産したり、合併しリストラされたりすると、心ならずも職場を去ることになります。特に中高年の社員には、新しい職場を見つけることが難しいと言われています。そんな中、日経ビジネスオンラインに『ベビー服店で輝く「リストラ技術者」』という記事が掲載されました。