定年 | ページ 5 | 定年起業のためのウェブコンサルティング

定年一覧

「60歳新入社員」の働き方

雇用延長、定年後の再雇用、再就職などで60歳を過ぎても働く人が増えてきます。『「60歳新入社員」がやってくる:日経ビジネスオンライン』の記事には、そんな人たちを部下として扱うときの注意点が書かれています。60歳を過ぎてからの働き方にはいろいろなパターンがあります。ここでは、その働き方について考えてみます。

中高年の新しい職場はまだまだあります

会社が倒産したり、合併しリストラされたりすると、心ならずも職場を去ることになります。特に中高年の社員には、新しい職場を見つけることが難しいと言われています。そんな中、日経ビジネスオンラインに『ベビー服店で輝く「リストラ技術者」』という記事が掲載されました。

問題シニア社員6つのタイプ

「定年延長」「再雇用」と2013年4月の改正高年齢者雇用安定法施行以来、新しい制度が始まっています。60歳以降も働けると喜んでいる人もいますが、そこには恐ろしい罠があります。シニア社員の問題行動が目立ってきています。問題シニア社員を6つのタイプにわけて説明します。

人生二毛作を考えよう

以前「「40歳定年幸せ」説を考える」という記事を書きました。20代で身につけたスキルが40歳以上でも通用することは滅多にありません。私の携わるIT業界はまったくといって良いほど変わりました。20年前はまだ大型汎用機が主流で、パソコンは小さな事務処理か趣味で使うものでした。