日本は破産しない!

 国家が破産するとはどういうことでしょうか。国債の償還ができなくなる状態をさすのであれば、ありえないと著者はいいます。外国人が日本国債を投売りしたら、円安になり景気が回復します。国内投資家が日本国債を投売りしても代わりの投資先はありません。海外投資に振り向けたら、同じく円安になります。金でも同じです。変動相場制である以上、日本国債の投売りをしたら、円安になり、景気が回復するだけでデフォルトにはなりえないというのが著者の主張です。

 国家の破産をあおるのは、財務省が増税をして、自分たちの天下り先を確保するためです。増税のときに、例外の認定と引き換えに天下り先を確保するのは、これまでに官僚たちがよくやってきた手です。日本の高級官僚は、自分の省の天下り先をどれだけ確保するかで評価されるとは、よく言われることです。

 現在の日本経済で最重要課題は、デフレから脱却することです。そのためには通貨供給量を増やすことです。通貨供給量を増やすとハイパーインフレになるといわれますが、デフレの脱却に必要な通貨供給量とハイパーインフレを引き起こす通貨供給量には大きな差があります。そもそも、生産設備と流通網が整い、労働力も豊富な日本でハイパーインフレが起こることはありません。

 以上の著者の主張には十分な妥当性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ