30年ぶりの歯医者の結果

 30年ぶりに歯医者に行きました。会社の健康診断で歯石がたまっていると指摘され、取ってもらいました。

前回のブログ記事はこちらです。

30年ぶりの歯医者

 歯医者では、歯石以外に、下の前歯が磨きすぎで歯茎に近い部分が削れているということも言われました。このままにしておくと、どんどん削れていって、しまいには折れてしまうこともあるということでした。それを防ぐために、削れた部分に人工物を埋めるということでした。

 特に痛くもないため、少し迷いましたが、歯医者さんが薦めることもあり、治療してもらいました。30分ほどで終わり、見た目もきれいになりました。詰め物はエナメル質よりも柔らかいため、歯を磨いているうちに、再び削れてくるそうです。そうしたら、また埋めるそうです。次にくるのはまた30年後かなと思っていましたら、歯石はどうしてもたまってくるので、半年に1回ぐらいは取りに来た方がいいということでした。そのころ、はがきで知らせてくれるそうです。

 しかし、歯医者に行くのも時間が取られるので、間隔をできるだけ開けたいと思います。利き手側の奥歯の裏が、磨き残しが多いと言われましたので、そこを丁寧に磨くようにしました。自分で時々、鏡でチェックして、歯石がたまってきたら、また取ってもらいに行こうと思っています。また、30年間ぐらいは歯医者に行かずにすませたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ